HOME > 生 活 > ライフスタイル > 厄払いに行ってきました!

厄払いに行ってきました!

2016/03/09

kaihi

時事コラムニスト/エネルギーカウンセラー

kaihi

時事コラムニスト/エネルギーカウンセラーとして活動中!

男性の42歳の厄年は大厄になり、最も気を付けなければいけない厄年になります。

皆さんこんにちは!

 

前回から『厄年』についてお話ししていますが、この厄年は一生のうちに何度か訪れるものなのです、男性の42歳の厄年は大厄になり、最も気を付けなければいけない厄年になります。

 

しかも、厄年は42歳の大厄を本厄として
前の歳の前厄、後の歳の後厄と三年セットで厄年の期間になります。

 

三年間を簡単に言うと、前厄で運が下がりだし、本厄で運が悪くなり、後厄で運が回復し出すのですが無理しない用に。
みたいな感じです。

 

私は、昨年本厄(昭和49年生まれ)だったので、今年は後厄になります。
なので、毎年恒例の厄除けのお参りで神奈川県にある寒川神社でお祓いをしてきました。

 

そもそも、この寒川神社には毎年厄除けでご祈祷をお願いしていますが、厄年のときは前厄除け、本厄除け、後厄除けのご祈祷の依頼項目になりますが、ここの寒川神社は八方除けと言う厄除けが有名で毎年多くの方々がご参拝にきてお参りしていくのです。

 

はて?八方除け??

 

と、思った方

 

八方とは東西南北360°を八つで割った各方位になります。

 

この八方に毎年位置が変わる吉凶がありまして、この八方の吉凶を算出するのが九星気学になり、生まれ年により一白から九紫の星に分類されて各年の方位の吉凶が割り当てられます。
この八方に来ている悪い星を厄除けするのが寒川神社の八方除けになり、私は厄年以外は毎年八方除けのご祈祷のお願いをします。

 

九星気学の八方の吉凶には
年盤…一年間変わらない、方位の吉凶
月盤…一ヶ月単位で変わる方位の吉凶
日盤…日替わりで変わる方位の吉凶

 

を示し、信心深い経営者の方たちが『お水取り』に行くと言われている行動は、大体が月盤の吉方位にお参りや旅行をして開運祈願をする事になります。

 

自分が気学の何の星に当たるかはネットなどに一杯出ていますので参照にして下さい。

 

さて、寒川神社は八方除けの性質から厄除けとして有名になっているので二月六日に行ったのですが凄い人数。
新宿の自宅を8時に出て車でむかってご祈祷の申し込みして渡されたカードが13組目
大体一組50人位を一気にご祈祷しますからかなり凄い人数なんですよ本当に…

 

以前、お正月中に行ったときはもっと人がいましたけど…

 

今回は、ご祈祷の受付をしてから一時間位の待ち時間で本殿に呼ばれたので土日に行ったのに早く呼ばれたほうだと思いますね。
できるだけオススメは早く家を出て9時半位を目安に到着時刻を設定する事です。
お昼近くになると一気に人が増えだし、夕方3時位まで人が多くいますよ~。

 

さて、皆様!厄年の一年間をお正月から次のお正月までの一年だと思っていませんか?

 

これは大きな間違いです。
厄年の一年間は立春から立春まで

 

すなわち、節分おわってから次の年の節分までなのです。

 

良く厄除けにいつ行けばいいのですか?と聞かれますが
年明けからその年の厄除けは殆どの神社仏閣で受け付けてくれますが出来れば昔の暦、
旧暦の正月をこえてから2月中が厄除けのお参りにてきしているとおもいます。
普段からちょくちょくお参りに行く人も、全く行かない人も、厄除けの年くらいはちょっと神様にご挨拶的な感覚でも良いのでお参りしてみてはいかがでしょうか?

 

厄年は運気が低迷する他に運気が不安定になります。
厄年にしっかり自分磨きをする事によって不安定な運気を右肩上がりに修正することもあるので頑張りましょう!

 

では!また次回

このキュレーターの他の記事を読む

男40、厄年ってなんなの??

2016/01/02

厄年についての説明から厄払いのやり方まで書かせて頂きました。 皆さんは厄年って聞いた事ありますよね   日本の文化風習で昔から言われてきた厄年ってなんなのでしょうか??   厄…

メイソンジャーサラダ作ってみました!

2015/11/25

海外のセレブの間ではやっているメイソンジャーサラダ作ってみました! 近頃、良くテレビやサイトでメイソンジャーを使ったサラダが人気になってますよねー   元々は海外のセレブの間でス…

「知る男」になる~女性の体内時計を知る~

2015/10/02

皆さん女性の体内時計のスピードは男性のそれとは異なります。 それを理解し女心を「知る男」になりましょう。 他人と自分の「時間」の流れ 同じ5分でも時の流れと価値は違うもの・・・ 今回は…