できる男のお店選び「シチュエーションに合わせたお店選びのポイント」

 

人づきあいにレストランは大事な舞台。シーンに相応しいお店を選ぶのはできる男の条件とも言えます。是非日頃から「安心して使えるお店」をいくつかキープしていたいものです。

接待で使うなら?

「接待」に使うなら何と言っても信用のできる店。サービスや料理の評判も高く、日頃からお店の人との信頼関係ができていることが絶対条件です。接待は仕事の重要舞台ですので、接待に慣れたお店を慎重に選びましょう。個室のしつらいやアクセスの良さもポイント。

「デート」に使うなら?

「デート」に使うなら やはり雰囲気重視。相手の好みやその日の気分に合わせてピッタリとはまるレストランを数件は持ちたいですね。眺めの良いレストラン、お洒落で落ち着いた空間、ふたりの会話が静かにできる席、エスコートやサービスの上手いお店が女性は大好き。彼女のお洒落が映えるレストランに案内できるのは あなたのセンス次第です。 

先輩など「大事な人をもてなす日」は?

そして先輩など 「大事な人をもてなす日」のお店選びは、あなたのお気に入りの馴染みの店が最適でしょう。相手に相応しい格があり、お料理が美味しくて、何よりあなたと信頼関係のできた行きつけのお店に招くのが一番です。くれぐれも初めてのお店にお連れすることのないように。いずれにしても日頃から シーンに相応しいお店を確保し、お店の人と仲良くして、スマートにレストランを使い分けられるビジネスマンは素敵ですね。

佐野由美子

佐野由美子

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役 / カメリアエンタープライズ 代表取締役

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役、カメリアエンタープライズ 代表取締役レストランプロデューサー、研修講師、ビジネスマナー講師、女子栄養大学 「フードビジネス論」 非常勤講師 明治大学卒業後、OL生活を経て、20代後半からレストラン業に転身。自ら現場でのサービス経験、店長業務を積んだ後、30歳過ぎに独立。本格的なフードプロデュース業をスタート。あくまで現場主義のサポーターとして、多くの飲食店・サービス企業の経営改善に当たっている。「おもてなし」「ホスピタリティ」の大切さを伝えつづけてきて20年。「良い人づき合い」と「一流の接客」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわる。自分自身の20年以上の接客経験が、講演や、現場指導、マナー研修などを通じて多くの共感を得ている。