HOME > 生 活 > マネー > 新築資本主義が終わります。【初めての住活008】

新築資本主義が終わります。【初めての住活008】

2016/03/26

竹島靖

コピーライター・住育研究家

竹島靖

Google検索「伝説のコピーライター」で出ます(笑)。

「当たり前」なんて、時代によって変わるのが「当たり前」なんです。

まずは、一昔前(ひとむかしまえ)と二昔前(ふたむかしまえ)の話をします。

 

一昔前はリノベーションなんて言葉もありませんでした。「新築を買うことが当たり前」でした。二昔前、たとえば戦前の多数派は、「庶民は借家が当たり前」でした。
じつは、新築一戸建てが持ち家の理想なんて、戦後のマスメディアを動員してつくられた幻想にすぎません。

 

そしてこれから。
国家を挙げて既存住宅(中古住宅)の活用が叫ばれています。
そう、820万戸の空家はシャレになりません。
天動説と地動説のように。
住まいの当たり前が、コペルニクス的転回を見せることでしょう。
「当たり前」なんて、時代によって変わるのが「当たり前」なんです。

 

かつて、マイホームを買う行為。それは「新築」を指していました。「いました」。わたしは過去形で書いています。中古には中古のメリットがあるはずです。まずは住活において、今後の大きなトレンドになるであろう「中古」の状況をチェックしておきましょうか。

 

ほーら、中古住宅に関する話題があっちでもこっちでも。

【中古の時代1=コストフォーバリュー】

世界一長命な国民は、世界一短命な家に住んでいるのかもしれません。『住宅選びこれだけ心得帖』長嶋修著/日本経済新聞社)のページをひらいてみましょう。「各国の住宅の耐用年数」が紹介されています。衝撃的です。日本30年(1993年度)、ドイツ79年(1987年度)、アメリカ96年(1991年度)、イギリス141年(1991年度)とあります。
欧米では築50年、100年を超えた家が当たり前のように売買されています。
いっぽう、そんな短命な家にいくらお金を払っているのでしょう。
「日本の都市部で一戸建てを手に入れようとすれば年収の約七・二倍の金額を支払わなければいけない。これはイギリスの三・四倍、アメリカの三・三倍を大きく上回っている」(『古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家』井形慶子著/大和書房)
だとすれば、日本で新築住宅を買うことは、コストフォーバリューで見合っているのでしょうか。

【中古の時代2=おひとりさま社会】

少子高齢化の進行。そして「超おひとりさま社会」が進行します。
もうこれまでのように、よくいえばオーソドックス、悪くいえばなにも考えてない金太郎飴的な「DINKSむけ駅前分譲マンション」や「ファミリーむけ郊外庭つき一戸建て」は、ニーズが減ってゆくでしょう。
「2030年以降の日本社会は、一人暮らしが1800万人以上、未婚・死別・離別の合計が4911万人」(『日本人はこれから何を買うのか?』三浦展著/光文社新書)

【中古の時代3=日本のグランドデザイン】

新築をつくるほど、持っているマイホームの価値は低下します。超高層マンションが建てば、ふもとのニーズを吸い上げるため、既存の物件が立ち枯れます。
「首都圏におけるオフィスや住宅供給の総量増加を抑制することだ。もちろん既存老朽物件の淘汰・更新は市場経済の中で進める必要がある。しかし、都市計画による適切な誘導を行わないと、不稼働資産が大量に生まれ、地価賃料の低迷やスラム形成につながる。ロンドンなどと同様、超高層のビルやマンション建設は、基本的に抑制していくべきだ」(『人口減少 新しい日本を作る』日本経済新聞社編/日本経済新聞社)

【中古の時代4=既存不適格マンション】

マンションのリノベーションは、思ったことがぜんぶできるというわけではありません。区分所有法というフレームがあります。極端な話、壁のクロス張り替えや設備類の更新ぐらいと考えたほうが無難。そんな意見もあります。古いマンションにはアスベスト問題もあります。さらにいわゆる旧耐震時代のマンションの場合、ほぼ10割が既存不適格ではないかという意見もあります。数々のデメリットがありますし、資産価値をそのぶん差し引いて見ることが必要です。

【中古の時代5=リフォーム産業】

リフォーム業者は、免許が必須ではありません。一定条件の工事であれば、たとえ素人でも営業できるのです。悪徳リフォーム業者から身を守るためにも、インスペクション(建物検査)は必須です。

 

えーと、重要なことは繰り返せ。しかも具体的な要素を入れて。
そうすれば、他人事が自分事になる。わたしは住育研究家を名乗る前からコピーライターですから、そんなコミュニケーションデザインの鉄則に従ってエンディングへ。

 

たとえば1941年、なんと大阪の持ち家率は、たった9%でした。
19%でもなく、29%でもなく、39%でもなく、49%でもなく、たった9%でした。
ほんのちょっと前までは、都市で借家は当たり前。借家とは既存住宅(中古住宅)の効率的なリサイクルでもあります。
まずは、「持ち家なら新築」という幻想を忘れてみる。いやいや「別に借家でもいいじゃん」。そもそもこれだけ災害の多い国で持ち家というのは合理的なライフスタイルなのでしょうか。

 

そう、「持ち家信仰」「新築信仰」なんて、官民一体となったマインドコントロールです。
わたしが指をパチンと鳴らしたら、洗脳から覚めてください。

このキュレーターの他の記事を読む

日本の古い文化は、COOLです。【初めての住育003】

2016/07/18

日本の夏は、日本の伝統的なアイテムを生かして、COOLに過ごしましょう。 20世紀の三大建築家をごぞんじですか。ええ、日本にも彼らの設計した作品が残っていますよね。   コ…

このままいくと3か月間、毎日が熱帯夜です。【初めての住育002】

2016/06/30

住まいや暮らしにできる地球温暖化対策。 暑苦しいタイトルですが、わたしは涼しいです。5月のアタマにアタマを丸刈りにしました。   長さ1mm。涼しいです。丸刈り前・丸刈り後の写真は、…

シックハウスは、法律では防げません。【初めての住育001】

2016/04/21

賃貸派にも他人事じゃない住まいの環境問題。 あのー、同じ男として、つい笑ってしまったんですよ。こんなツイートがありました。   「ミニスカートは男性を紳士にする。先にバスへ乗り込…

中古住宅を正当に評価したいですね【初めての住活007】

2016/02/25

新築資本主義が終わりました。リノベーションという言葉もブームで終わらず、定着したようです。 あらためて自己紹介。   わたしは、「NPO法人街ごとリノベ開発機構」(東京都認証申請中…

盛り土は、「透明な爆弾」が埋まっています。【初めての住活006】

2016/01/26

地震や大雨で2つの「透明な爆弾」が炸裂します。絶対絶対絶対に知っておきたい盛り土の話。 水と志は、低いほうに流れる。   そんな警句があります。そして、低い土地ほど地盤が悪い。そ…

人気の街が、安全な街とは限りません。【初めての住活005】

2015/12/27

家を選ぶことは、地盤を選ぶこと。 人間は嘘をつきます。あなたもわたしも例外ではありません。   数字は嘘をつきません。そう、住活は、まずは厳然たる事実を知ることから始めましょう。…

地盤は、家の最も重要なパーツです。【初めての住活004】

2015/11/21

あーあ。   わたしが40代で住活した2005年、あの耐震強度偽装事件は起こりました。あれから10年後にあたる2015年、ふたたび日本の安全神話を根底から覆す大事件が起こりました。そう、横…

杭の深さが、悔いの深さになります。【初めての住活003】

2015/10/26

営業マンが絶対に話さない分譲マンションのデメリットも知っておくこと。 めんどくさいから妻に言われるまま、人気の分譲マンションの契約書にハンコを押そうと思っている。   そんなかた…

新築住宅は、ネコをかぶっています。【初めての住活002】

2015/09/30

新築住宅のデメリットも把握しておくこと。 人間は、一生の約60%を自宅で過ごします。そう、空気の質は生活の質。   きょうは新築病とも呼ばれるシックハウス症候群の話を皮切りにして、…

「賃貸VS持ち家」は出来レースです。【初めての住活001】

2015/08/27

持ち家と賃貸、どちらがよいか迷ったときに。 シェイクスピアはお好きですか。   住活を始めると、なんどかハムレットになります。2005年から2006年にかけて、わたしが40代のころ住活し…