「武」に思いを馳せる

「武」に思いを馳せる

先ず漢字「武」の意味を見てみましょう。

 

1 強く勇ましい。たけだけしい。
2 軍事。戦力。「武運・武器・武功・武士・武術・武装・武力」
3 一歩踏み出すこと。足どり。「歩武」

 

「武」という漢字は「戈(ほこ)」と「止」という二つのパーツで成り立っているそうです。「戈」(ほこ)は両刃の剣に柄をつけた武器を意味し、「止」は武器を止めることにあり、「無用な争いを避けることにある」と現代では解釈されています。
しかし、実際には「止」は足跡の象形を表し、「歩」の略字にあたるそうです。
本来は現代の意味と真逆であり、「歩く」や「進む」という意味を持っていたそうです。
「戈」と「歩」で進軍する様子を表している。故に、戈(ホコ)をとって前進することを「歩武」といい、歩武の堂々たることをいうそうです。なので「武」は「矛を持って進む」(攻め)と「矛を止める」(防ぐ)という二つの説があることを知り、
「武」をどのように理解するか。私自身の考えとして武とは「立ち姿」にあると思います。「戦わせない威風堂々とした立ち姿」を追い求め、己独自の自信を身につけるべく、
日々を自己(魂)の研鑽に励み、学びを実践していくことが肝心であるのだと、改めてそう思いました。

鎌田薫水(カマダ クンスイ)

鎌田薫水(カマダ クンスイ)

薩摩琵琶奏者

藍綬褒章授章者である雨宮 国風に詩吟を師事。 田中井 琇水に薩摩琵琶を師事。二代目薫水を襲名。 大久保利通公135回忌慰霊祭奉納。 大山阿夫利神社 磐長姫鎮座祭式奉納。 大和市文化芸術賞賜。日本琵琶楽コンクール優勝。 文部科学大臣奨励賞・NHK会長賞受賞賜。 日本コロムビア全国吟詠コンクール優勝。 上海万博日本館演奏。国立劇場出演等。 GOODLOVIN’としてソニーレコードからデビュー。 CHEMISTRYさんに楽曲提供そしてLIVEツアー参加