好きな事なら諦めない!

理想と現実に悩みながらも諦めない気持ちが大切。

前回のコラムでは40代に入っても挑戦し前進したいとお話しましたが、
箱根にカレー屋を始めて7年。昨年、飲食店を2店舗オープンさせて多店舗経営となり、
さらに『継続する事の大変さと大切さ』を身にしみて感じている今日この頃です。

 

飲食店がオープンし2年以上残っているお店ってどのくらいあるかご存知ですか?

 

約半分です。
あとの半分は廃業です。。。

 

10年続く店は10% です。。。

 

成熟社会の日本では、ライバルも多くお客様の目も肥えています。厳しい状況は当然です。
でも、安易に開業する人が多いのも現実です。

 

飲食店は参入障壁が低く誰でも開業できる業態だけに錯覚してしまうのでしょう。

 

定年して退職金でとか、本業で成功した社長が今度は飲食店だとばかりに素人なのに手を出すとか、
のんびり自分らしくやってそうなカフェに憧れ開業やら。。。

 

厳しい言い方をすれば、そんな簡単にやれる訳がない。

 

大手飲食運営会社は資本、人材ほかハード、ソフト共に持ち備えて戦っています。
それでも売れない店がある。
ですから当然、私たちみたいな小さな店は、個人店としての長所短所を知り、それなりの勉強と研究、覚悟がいります。

 

趣味なら良いです。好き勝手にやればいい。
しかし、この世界で生計を立てようと思っているなら真剣に取り組む覚悟が必要です。

 

まぁこれはどの業界、職種も一緒です。

 

店がスタートすると雑用含め忙しく追われる日々になります。予期せぬトラブルも発生します。
売れない日があったり、バイトが急に辞めたり、なにかと不安にもなります。
投げ出したくなる状況があるかもしれない。

 

しかし、
『商い』は『飽きない』こと!

 

継続させてやる!という強い意志があれば必ず開ける道はあります。

 

今の時代、精神論はカッコ悪い?
そんな風に言う人は勝手に言ってればいい。  

 

どんな時代になろうとも大切な事は変わらない。
諦めない気持ちを持ち続ける事が1番大切だと私は信じています!
これからの5年どうしようかな?!
10年後20年後、後悔する事なく『今』の人生を共に楽しみましょう!

浅沼兼司

浅沼兼司

昭和キャラ・ヒーロー玩具コレクター/箱根カレー「心」オーナー

1971年生まれ:生まれも育ちも神奈川県 小売業、飲食店経営 映画好きからスター・ウォーズのフィギュアからコレクションがスタート。子供の頃の特撮、アニメのキャラクター玩具の素晴らしさに目覚め、現在に至る。                     コレクション暦16年:約10,000点所有 2009年:テレビ東京/開運!なんでも鑑定団 年末スペシャル おもちゃコレクター選手権に出演 2013年8月:平塚市美術館 市民アートギャラリー 初の玩具展開催。 2014年7月:南足柄市郷土資料館 『アニメキャラクター玩具展』開催。2015年5月:静岡県藤枝市郷土博物館 『なつかしのおもちゃ★昭和アニメヒーロー展』開催。のべ約6万人の来場者を記録。 箱根のカレー専門店『箱根カレー「心」』のオーナー。