皆さんは、なぜスポーツ観戦をしますか?

熱狂する北米のスポーツ業界で、その答えを探ってみました。

私が住んでいる、カナダのトロントはとてもスポーツに熱い街です。
メジャーリーグベースボール(以下MLB)、プロバスケットボール(以下NBA)、メジャーリーグサッカー(以下MLS)、ナショナルホッケーリーグ(以下NHL)、北米を代表するスポーツはほぼカナダ・トロントにもチームがあります。
昨年はMLBのブルージェイズはポストシーズンに進出、NBAのラプターズは昨年に引き続きプレイオフに進出し、今年はイーストカンファレンスファイナルに駒を進めています。

 

強いチームにはタレント性と実力を兼ね備えた選手が必ずいます。またそのような選手がいれば、多くのお客様が会場に足を運ぶのは当然です。ただ私がトロントで感じた事は、この街の人たちは競技に関係なく地元であるトロントのチームを応援するのです。 というのも、ブルージェイズのチームの野球帽を被りサッカーの地元チームを応援しにスタジアムに行きますし、NBAのユニホームを着て野球のスタジアムにも行きます。トロントではプロスポーツを観戦する動機が、「その競技が好きだから」、という事に加え、「地元のチームだから」という事も大きいように思います。競技の垣根を越え、純粋に地元トロントを応援したいというような根強い地元愛を育む土壌作りは今後、日本のプロスポーツ発展には欠かせない要素ではないでしょうか?

 

lucider_06_tom_sub

 

写真は、
Miku Restaurant Torontoにて 、遠藤 翼 選手と(Toronto FC)
Air Canada Centerにて、NBAのトロントラプターズを観戦

加藤豊紀

加藤豊紀

Creators' Lounge Inc.(Founder / Chief Executive Officer)

1985年生まれ。Creators' Lounge Inc. Founder兼CEO 元警察官から、クリエイターの表現の場を創るために世界へ。 カナダのトロントを拠点に、企業のマーケティングやプロモーション支援の事業を中心に展開する。 また国際的なクリエイティブ・コミュニティを形成するということを念頭に、アート関連の人材・知識をビジネス関連分野で活かせるような場の提供を行う。