憧れるのは、尊敬できる40代。

自信を持つことの大切さ。

わたしは現在26歳、社会人歴5年目に突入しました。改めて40代男性に伝えたいメッセージを考えたとき、やはり「尊敬できる大人」でいてほしいということでした。

 

優しい人・頼りになる人・遊び心を知っている人、それは私生活や職場において、きっと「余裕がある人」なのだと感じます。「余裕がない人」というのは、自分はすごく頑張っているのに…と感じてイライラしてしまう状態。頑張っている姿はとても素敵ですが、周りが見えない状況はあまり好ましくありません。

 

器用な人の「頑張る」と、不器用な人の「頑張る」はすでにスタートが違います。周りと比べ、何故あの人はそう感じるのだろう、何故自分の意見は伝わらないのか、など…。日々、悔しさ・歯痒さを感じることもあるかと思います。だけど、自分が「どうでもいい」と感じない限り、貴方はスタート地点よりも確実に進んでいます。

 

周りに認めてもらうことはもちろんやる気に繋がりますが、自分で認めることでモチベーションを上げることが出来たら、もっといい結果になりそうですよね。自分と全く一緒の考え方の人なんていない!と割り切って、気楽に考えてみてほしいです。それが結果として「余裕のある大人」になれば幸いです。

 

最後になりましたが、キュレーターとしての私の記事はこれで終了です。綺麗な文章ではなかったものの、読んでくれる人が1人でもいらっしゃったのであれば、自分を褒めてあげたいと思います。お読みいただき、ありがとうございました。

 

人生これから。皆さん、楽しんでいきましょうね!!

Ayaka

Ayaka

hamajo編集長

ヨコハマ出身在住の25歳、社会人4年目。 大学を卒業後、アパレルショップに勤務。ひょんなことからデザイン事務所ミニマリング・スタジオに転職。学生時代からやっていたhamajoモデルの立場から、制作側に転身する変な経歴を持つ。そんなこんなで、地域限定フリーペーパー《hamajo》で現在は編集長をしています。ねことペンギンとビールをこよなく愛し、ゆる〜いお笑いがだいすきです!よろしくお願いします。