[PR]注目俳優が表現する、大人ラグジュアリーなお家とは?

話題のデンマーク人俳優マッツ・ミケルセンを起用したボーコンセプトのオリジナルムービー「The Call」では、スタイルコンシャスで大人の色気溢れる役柄で、画面の前のみなさんを魅了しました。撮影の舞台となった、主人公が住む、劇中に登場するお家をヒントに、「招かれたくなる」大人ラグジュアリーなお家作りのヒントをご紹介します。

 

本国デンマークで、”北欧の至宝”とも称され絶大な人気を誇り、カンヌ国際映画祭では男優賞受賞の俳優、Mads Mikkelsen(マッツ・ミケルセン)。2006年にはジェームズ・ボンドシリーズの「007 カジノ・ロワイヤル」では、悪役 ル・シッフルに抜擢され、その知名度を高めました。2012年「偽りなき者」に出演し、第65回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。また、同年放映となるテレビシリーズ版の「ハンニバル」でハンニバル・レクターを演じています。今年、ボーコンセプトでは、マッツ・ミケルセン起用したオリジナルムービーを2作品公開し話題となりました。

撮影の舞台は、スペイン・バレンシアの邸宅

撮影が行われた邸宅は、思わず息を呑むほどに、広いオープンスペースと大きな窓が印象的な空間でした。 「The Call」は、ボーコンセプトの洗練されたスタイリッシュなデザイン家具インテリアのもと撮影されました。本編では、話題の俳優マッツ・ミケルセンが登場し、スリル溢れる情熱的な演技がおさめられた、正真正銘のオリジナルムービーです。 撮影の舞台となった主人公の邸宅には、彼の役柄を表現するこだわりのインテリア スタイリングが施されています。

コーナーソファを中心にしたリビング空間

レザーや大理石とった高級な自然素材でダークな色合いにまとめ、ランプやクッション、ラグでシャイニーなアクセントをつけることで、より洗練された大人のイメージを演出しています。

ラグジュアリーホテルを思わせるベッド

スタイルコンシャスな男性をイメージさせるベッド。リビングルームのソファ同様に、ヘッドボードとベッドフレームもレザー製のアイテムを使用しました。

日常を忘れさせるガラストップのテーブル

シャイニーな素材、特にガラスを使うと、お部屋に光を取り込んで広々とした空間に見せることができます。劇中では、テーブルに反射する二人の姿が、非日常的でスタイリッシュな雰囲気を作り出しました。

BoConcept

BoConcept

インテリアブランド

BoConcept(ボーコンセプト)は、世界60か国260店舗を展開するデンマークのインテリアブランドで、デザイン性や機能性を備えた家具や、インテリアアクセサリーを取り扱えています。「Bo」は、デンマーク語で「住まい」を意味し、サイズや色、素材やパーツを組み合わせるモジュール家具を特徴とし、お部屋のサイズやライフスタイル、ご予算に合ったインテリアをご提案します。