あのファミコンが「ミニ」になって新発売!シンプルかつやり込みがいがあるゲームたち

名作ソフト30本を収録。ブラウン管の“味”も再現

11月10日、あの「ファミコン」が発売されました。もちろん、任天堂から初代ファミリーコンピュータが発売されたのは1983年、アラフォー世代がだいたい小学生だった時のことです。もう30年以上も前。

 

じゃあ今回、発売されたのは何かというと、その名も「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。ミニというネーミングの通り、見た目はファミコンでありながら、約60%のサイズに小型化されているんです。つまり手のひらサイズ。

 

小さくなった=持ち運びがしやすくなったというだけでなく、2016年に発売される新商品だけに現代的なアップデートも。テレビ(モニター)への接続はHDMIケーブルで。電源もUSBケーブルを使います。テレビにUSB接続端子があればコンセントも必要ないわけです。

 

さらに大きな違いは、ソフトが昔のようなカセット式ではなく、あらかじめ本体に収録されているということ。そのため、カセットの接触が悪くなった時にホコリを取り除くために「フッ!」と吹きかける、あの動作は(残念ながら?)不要になっているんですが、30本もソフトが収録されていれば、まあしばらくは飽きることなんてないでしょう。

 

その収録ソフトも、「ドンキーコング」「スーパーマリオブラザーズ」、「パックマン」に「グラディウス」に「イーアル・カンフー」といった名作揃い。「悪魔城ドラキュラ」「ゼルダの伝説」など、発売当初はディスクシステム用だったソフトも入ってます。

 

いまのゲームからすると内容的にもビジュアル的にもいたってシンプル。そのため「食い足りないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、これらのゲームをリアルタイムで楽しんできた身からすれば、シンプルだからこそやり込みがいがあったりするもの。延々と繰り返されるBGMも、妙にクセになったりするんですねこれが。

 

ちなみに「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」には画面設定機能も。なんと“アナログテレビ”モードにすると、ブラウン管テレビのようなボケ味と走査線が再現されるとか。これ、言ってみれば「あえてクオリティを低くする」ことなわけですが、しかしそこには、僕たちが慣れ親しんだ“味”がある。任天堂さん、分かってらっしゃいますねぇ!

橋本宗洋

橋本宗洋

フリーライター

1972年、茨城県生まれ。格闘技、プロレスなどを中心に執筆。たまに書籍の編集や映画の取材も。アイドルのライブに行ったり深夜ラジオ聴いたりで、好きなものが中学生の頃からあんまり変わってない40代。