HOME > 生 活 > メガネ > フォーマルウェアに合わせるメガネの選び方

フォーマルウェアに合わせるメガネの選び方

2016/11/30

宮 キヌヨ

眼鏡コーディネーター

宮 キヌヨ

独自メソッド「似合うメガネ診断」が人気をよんでいる眼鏡コー…

クリスマス、忘年会シーズン、いつも何気なく着ているスーツ。今年は『装い』をこだわってみませんか。40代からのフォーマルウェア、ルールを知って着ると、シンプルな着こなしがとてもお洒落に見えます。自信を持って着ることができるってとても大切ですね。メガネ人なら、プラスメガネもフォーマルウェアと合わせたいものです。

 

フォーマルとは公式の場から社交の場まで、人間関係を円滑にするために決められた礼儀作法、初対面の人とも共通の意識と親密感を持ちあえるという意味があります。17世紀のヨーロッパにおける貴族が作り上げた衣服の文化が19世紀文明開化以降、日本へ輸入されたと言われています。

 

フォーマルには
【正礼装】正式な場所で着用する、最もフォーマルな装い
モーニングコート、燕尾服、タキシード
場面:格式高い結婚式、披露宴・記念式典・公式行事(叙勲・園遊会など)・学校行事(入学式・卒業式の教職員・創立記念式典など)

 

【準礼装】日本で作られた正礼装に準じたフォーマルウェア
ディレクターズスーツ、ブラックスーツ
場面:一般的な結婚式、披露宴・入学式・卒業式・祝賀会・ビュッフェスタイルのホテルやレストランでのパーティー

 

【略礼装】 正礼装、準礼装以外の時間にとらわれないフォーマルウェア
ダークスーツ ジャケット&スラックス
場面:形にこだわらない結婚式、披露宴・二次会・コンサート・バースデーパーティ

 

があります(参考資料:ファッションレスキューアカデミアメンズ装力検定2級教科書)。
様々な装いのルールがある中で、タイ(ネクタイ)や靴にはフォーマルの定義がありますが、メガネには作られたフォーマルの定義がありません。だからといってなんでも言い訳ではなく礼儀を考えてかけられていないメガネは時に失礼に値します。例えば、結婚式での装い、ブラックスーツを着ているにもかかわらずメガネだけが赤いセルフレーム。これでは、スーツの格でさえも下げてしまいます。

 

フォーマルシーンの場合、メガネはアクサリーとして考えます。形、色、素材を装いの作法に合わせていきます。そうすると視力矯正のメガネも考え方ひとつで選び方がかわります。
つまり、靴やベルト、バッグ同様、シーン別となるとそれぞれに合わせて持つ必要があります。

 

正礼装・準礼装なら 
18金、プラチナ、べっ甲
メタル素材の黒やガンメタ、またはゴールド、シルバー
シンプルな黒いフレーム(カジュアルすぎないデザインのもの)
形はオーバル、ラウンド、スクウェア、クラシックな形で変型でないもの。

18金×黒のハンドメイドのセルロイド素材

シンプルなメタル素材シルバー(艶消し)のフレーム

略礼装ならフロントを紫のセルフレームで。テンプルはシルバーのチタン素材で。デザインはシンプルに。度が強い人でも素敵にフォーマルウェアに合わせてメガネを纏えます。

シンプルな黒いフレーム。普段使いとしてだけなく、冠婚葬祭、どんな時も対応できるため1本は持っていたいアイテムです。

大人のお洒落はただコーディネートするだけでなく、ルールを知ってシーン別に着こなせると、印象も信頼もぐっと上がります。次に買うメガネ、どこへ行くときにかけるのか、そのとき一緒にいる人はどんなタイプの人なのか、そんなこともメガネ選びの中にいれていくと、いつもと違うメガネ選びが楽しめます。

このキュレーターの他の記事を読む

季節を気にせず日常にサングラスを

2017/12/02

こんにちは。眼鏡コーディネーター宮キヌヨです。なんでもない、いつもの道。私のサロンへいく途中でサングラスの男性に目がいきました。朝の通勤時間、お天気のいい日にサングラス姿の外国人…

眼鏡でモテ顔 3パターンのモテ顔の作り方

2017/11/04

10月11日、国際メガネ展「IOFT」にて、「第30回 日本メガネベストドレッサー賞受賞式」があり、各界の著名人が表彰されました。   ■政界部門:経済産業大臣の世耕弘成氏■経済界部門:伊藤…

メガネスタイルがあなた自身の在り方になる

2017/10/01

メガネ、何本持っていますか。 メガネがリーズナブルに購入しやすい時代になり、複数本持てるようになりました。いくつか持っているメガネはうまく使いこなせているでしょうか。   1本だ…

40代のメガネレンズの選び方~PC・スマホ対策用レンズ~

2017/09/03

眼精疲労を感じたことはありますか。眼の奥が痛くなったり、頭痛、肩こり、吐き気、かすみなどです。   先日、40代後半の方でシニアアイのためにメガネを作らなければならないお客様がい…

メガネレンズの選び方~サングラス編~

2017/08/08

夏本番、8月ともなるとサングラスが手放せない季節です。サングラスをかけると眩しさや紫外線から目を守るだけでなく、体感温度が低くなることをご存知でしょうか。グレーやブラウンなど濃い色…

「眼鏡は男を三分上げる」

2017/07/10

今やメガネはごくごく自然にファッションの一部として取り入れられるようになりました。視力を補正するという機能面だけではなく、その人らしさ、その人のあり方やスタイルを表現するファッシ…

『老眼』VS『メガネスタイル』

2017/06/01

書類や雑誌など小さな文字を見ていると、まさか、あれっと気付く、老眼らしき症状。書類や新聞、雑誌、スマートフォンなどを離して見てみたり、またはメガネを外して見たり、無意識にピント合…

インテリジェンス X メガネ

2017/05/02

先日、あるTVのトーク番組で俳優の及川光博さんがチタン素材のキラっと輝くメガネで出演されていました。及川さんといえば、2016年の「第29回 日本メガネベストドレッサー賞 芸能界…

あなたのメガネ印象は思い通りにできる

2017/04/02

メガネ選びはフレームだけでなくレンズがあることで、洋服や靴などと比べて、選び方は難しく感じるものです。   メガネを外すと鏡の中の自分が見えないため、選ぶ楽しさも感じにくいもの…

オフスタイル×空間×眼鏡

2017/03/01

先日、「ダラダラした休みの日の過ごし方を変えたいんだ」という相談を受けました。相談者は40代の独身男性です。職業はドライバー。伊達メガネを、仕事のとき=『オン』とお休みのとき=『オ…

メガネのストレスを減らすには

2017/02/01

40代はまさしくファミコン世代、子どもの頃からゲームがライフスタイルの一部になり、就職するころにはPCが一人一台、会社に導入され、携帯電話をそれぞれ持つようになった時代です。そして今…

メガネはあなた自身の営業マン

2016/12/30

アクセサリーと言えば宝石、貴金属のジュエリーのように純粋に美しさを目的とし着飾るものを想像しますが、アクセサリー(装身具)の定義は「服装をより美しく整えるための付属品」で実用性を…

『眼鏡』の中にあるふたつのビジョン

2016/10/30

似合う眼鏡にはふたつのビジョン(vision)が存在します。 ひとつは視力。眼鏡を選ぶとき欠かせないのはレンズの選択です。見えないものを見る、納得のいく視界が必要です(ときには眼鏡はひと…

クールビズスタイルはいつまでOK?秋の眼鏡スタイルでチャンスを掴む。

2016/09/28

気候もずいぶん涼しくなり、秋を感じられるようになりました。   今日のビジネススタイルは 半袖ですか。長袖ですか。ノーネクタイですか。    クール・ビズスタイル、いつまでO…

40代は「ブルー」スタイルが好感度が上がる

2016/08/27

40代のショッピング、スーツやネクタイ、Yシャツ、パンツ、Tシャツ、靴選び楽しんでいますか。適当に選んだり、家族との食事にサンダルで出かけたりしていませんか。   40代のファッシ…

男性は女性より眼鏡を戦略的につかえる

2016/07/30

暑さも本番、日焼け対策していますか。40代からの眼鏡スタイルはファッションだけでなく、紫外線から目を守る予防対策としても使いこなしたいアイテムです。オンスタイルは無色透明の眼鏡で紫…

40代『愛用』したい 大人サングラス の選び方

2016/06/27

大人サングラス、ファッションだけでなくさりげなく予防も。 6月ともなると暑さもいよいよ本番、晴れた日はサングラスが欲しくなりますね。サングラスを買いたいけれど、どんなものが似合うか…