2016.12.06

ビジネス
Facebookに流れる広告に自分の名前が表示されないようにする方法

広告の“○○さんが「いいね!」と言っています”に自分の名前を使われたくないときに

Facebookのニュースフィードで“○○さんが××に「いいね!」と言っています”と友達の名前が使われている広告を見たことはありませんか。
このようにFacebookに流れる広告では、ユーザーが行ったいいね!やコメント、シェア、アプリの使用、イベントへの参加などの行動を使うことができるようになっています。

でも、自分の趣味嗜好やFacebook上での行動が、友達に知らされてしまうと思うとちょっと恥ずかしいですよね。しかも、診断コンテンツや感動話などで「いいね!」を集める悪質なFacebookページなども存在します。過去に釣られて悪質なページに「いいね!」をしていた場合は、出会い系や情報商材、怪しい系の広告に使われてしまうこともあるのです。

 

そこで今回は、Facebookの広告に自分の名前が使われないようにする方法をご紹介します。

非表示に設定する方法

右上の「▼」をクリックし、「設定」を選択します。

左のメニューから「広告」を選んで「ソーシャルアクションとリンクした広告」の「編集」を押しましょう。

「自分のソーシャルアクションが付いた広告の表示」で「非公開」を選択すれば完了です。

Facebook上の「友達」からの印象も意識しよう

もし、あなたの友達の名前が情報商材や出会い系などの広告に表示されていたら……その人への印象が「微妙」な感じになることもあるのではないでしょうか。自分がどんなFacebookページに「いいね!」しているかが、自分が知らないところで表示されていることに抵抗を覚える人も多いはず。でもそれ以上に、相手から「どう見えるか」という点ではリスクになる場合もあるかもしれません。心配な方はぜひ設定変更をして、安心してFacebookを使えるようにしておきましょう。

柴佳織

柴佳織

ソーシャルメディアコンサルタント

企業のFacebook活用やオウンドメディアの企画・運用支援・解析改善提案などを行う。Facebookマーケティングについては各種Webメディアで記事を執筆するほか、講師も務めている。 著書『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』技術評論社