HOME > 社 会 > コミュニケーション > 男の色気の作り方

男の色気の作り方

2016/12/28

川崎貴子

リントス株式会社代表取締役

川崎貴子

女性マネージメントのプロ

よく質問されるのですが、男の色気ってなんなんでしょうね。

最近、独身男性と対談や面接をさせていただく機会が多いのですが、その際に一番されて困る質問が「男性の色気ってなんですか?」というものです。

 

この件に関しましては、以前にコラムか対談で「男の色気とは、無頓着であること」「無作為」と言語化した記憶があるのですが、どうやら相当解りづらかったようでどの殿方もなかなか納得してはくださいません。(女性陣には多くの賛同をいただきましたが。)確かに、「無作為」とは、「色気とは才能である」と言ってしまっているようなもので、不親切極まりないですね。

 

対して、女性の色気に関しては、一部の天才的な色気を持つ者、作為で色気を繰り出す剛の者、対象者の前では自然に出せる者、「色気なんて出してると思われたくない!」と拒絶する者、さふゆうものから完全に解脱している者、という宗派にはっきりと分かれております。
そして、解脱派以外は、例え拒絶派でも独特の色気を保持している事があって、これはひとえに需要側(男性側)の、色気を受容するバリエーションの多さと、供給側(女性側)の作為のバレなさ(巧妙度)が起因していると思われます。

 

ところが、男性側はどうでしょう。
見渡せば、「一部の色気のある男性」と、「全く色気の無い男性」の2種類しか生息していないというふしぎ発見。特に、我が同胞である40代男性たち、「男性の色気とは何ですか?」という質問を私にぶつけてくるど真ん中世代に「色気無し男」が何故か集中している気がしております。SNSを流し見していても、「良いお父さん」「人畜無害な感じ」がだだ漏れてるのは、何故か殆ど40代。「結婚10年選手がゴロゴロいて、子育て真っ最中だから。」が、理由になるのか否か。胸に手を当ててもさっぱり解りません。

 

なんだかんだと言っても、20代から30代中盤ぐらいまでの男性たちは、「未だ危なっかしい感じ」や「有り余る男性ホルモン」を保持中でもあり、「大人の色気」は無くとも同世代異性を引き付ける程度に「無作為の色気」は存在していそうです。そして、年上である50代男性たちも、独特の世代的エネルギーを持ってして「大人の色気」を醸し出している人が多い。私が若いお嬢さんに注意喚起するなら、「彼らの色気にほだされてはなりませぬ。」と一番注意したいのは50代男性(主に既婚者)です。

 

「自分に欠けている気がするから色気なるものが気になる。」は、かつての私も経験済みです。働いて、飲んで、働いてを繰り返していた20代後半。髭が生えそうな毎日の中で、売ってるのなら買いたかったもの。それが「色気」。しかし、当たり前ですがどこにも売ってなく、そのまま忙しく運命に逆らわずに過ごしていたら、いつの間にか私も「おっかさん」な40代です。そんな私が「男の色気」に関して何のレクチャーができようか!「教えて!どこぞのお色気マスター!」と、思い悩んでいた時に恵投いただいたのが、『「男の色気」のつくり方』(潮凪洋介著/あさ出版)でした。

 

読んでいただくと解るのですが、とにかく全編すがすがしい程、「オスとして、いい女に求愛しろーーー!」という内容で、中には「女の話は馬鹿真面目に聞くな」的なレクチャーもあって女性からすればカチンときたりもするのですが、いくつか「それは確かにセクシーじゃないな。」「それは確かに色気のある男性の特徴かも。」という教えがありましたのでご紹介したいと存じます。なんか上から目線ですいません。

1. 他人と自分を比べるな

「世の中には2種類の人がいる。一つは自分より優れているか?稼いでいるか?出世しているか?モテているか?と横ばかり見ているタイプ。そして、もう一つが、『自分らしく生きているか』を気にするタイプだ。彼らは自分の生き方のリズムや旋律がいかに自分らしいか?楽しいか?充実しているか?をとても大切にする。」

 

~女性から見ると、男性は「こんなことでも張り合っている。」「競うの好きなんだなぁ。」と思わされることがしばしばございます。が、他人と比べてばかりいて、自分軸を持っていない人は、そのスケールの小ささや挙動、全ての点でセクシーから遠い存在です。

2. 「欲望のない女はいない」と知る

「欲望のない女はいない。こう思うと女性に接する時の、行動パターンが変わってくる。女性を勝手に美しい生き物と神格化する思考と決別しよう。自分と同じ『欲望を持つ生き物』と認識し、女性の『欲望の形』を知ることだ。」

 

~特に綺麗に着飾った、若く美しい女性に気後れする男性は多いもの。しかし、色気のある男性は女性の欲望を引き出すのが上手で、尚且つ、自分自身の欲望との接点を見出すのが悪魔的に上手です。それは、「女性の欲望の存在」を疑っていないからできる匠の技。

3. 「セクシーな関係」を目指す

「色気のある男は周囲に『好きな女性』をコレクションする。妻でも恋人でも無い、友達として友好な関係を維持し、深い内面のつながりや絆、人間対人間の心の一体感を大切にする。」

 

~コレクション、と書かれるとこれまたカチンとくるのですが(笑)、あの色男も(50代)、この色男も(50代)、確かに女友達が多くて膝を打ちました。決して口説かない、恋愛しない、長期的な女友達(それも美女ばかり)は、色男達に余裕と「彼女たちの唯一無二な存在である」という自信を与えるからか、メンタルに効くフェロモンが益々増量中というご様子です。結果、心の絆は男同士だけ、と言わんばかりの、「ホモソーシャルだけで遊んでる男子」には纏えぬ色香を漂わせるのでありましょう。

 

「色気」は人生の必需品じゃないけれど、結婚していようと、子供がいようと、色気のある人は艶っぽく、生命力に溢れ、何だか人生が楽しそうです。そして、人生80年としたら未だ折り返し地点。色気なるものに挑戦するのに、40代は決して遅くないのでは?と、自戒を込めて思う今日この頃。できるなら、ダイエットと同じように緩やかに、いつの間にか香るように、あくまでも自然に、身に着けてゆきたいものですね。

このキュレーターの他の記事を読む

実は嫌がられている!気づいたら「話の長い男」になっていませんか?

2017/06/26

立場か?年齢か?男たちの話を長くする原因は何なのでしょうか? 私は、何が苦手って「長い話を聴くこと」が子供の頃から猛烈に苦手です。年齢的に結婚式に出席する機会も減り、仕事では自身で…

料理おじさんのススメ

2017/05/30

人に喜ばれる趣味って良くない? 先日、こんな記事を見つけて思わず笑いました。 https://twitter.com/tokoroten/status/818717458127163395/photo/1 男性が若者からおじさんになりハマる物達…

女性の体の事、知っていますか?

2017/04/24

大切な女性がいる全ての男性達へ 「女性の体」と申しましても、セックスにまつわる女体の話では残念ながらございません。昨晩、私は一般社団法人シンクパール主宰のイベント「女性からだ会議」…

40代男性こそ大事な「死に支度」

2017/03/27

もし、明日突然自分が死んでしまうとしたら、スマホや机の中に見られてまずいものはありませんか? 昨年末私は乳癌になり、右乳房を全摘出致しました。その顛末はこちら「女社長の乳癌日記vol.…

「結婚は墓場だ。」と既婚者が言ってはならない理由

2017/02/27

独身男性に出会いの無いジャパン 働き始めてからずっと、女性のキャリア支援や教育事業に特化してきた私ですが、最近、毎週末男性の話を聞いています。昨年11月からスタートした働く女性向け婚…

夫は何故妻に嫌われるのか?

2017/01/30

結婚生活が15年過ぎると、夫が嫌になる。 40代も半ばに差し掛かると、30歳で結婚した夫婦は結婚15年を迎えることになります。我が家は再婚で晩婚な為、共同生活を始めてちょうど10年、結婚9年…

女に捨てられる男、捨てられない男。

2016/11/28

夫婦の幸せの形は、夫婦の数だけあるのではないでしょうか?そして、その形は外部には解らない。私たちは世間に対して結構上手に「幸せそうな夫婦」を演じることができるから。 「金の切れ目が…

40代独身男性が、意中の女性を口説くには? 後編

2016/10/31

意中の彼女の好意を勝ち取る方法 前編では主に「心構え」を、中編では「気になる存在に昇格する方法」と、2か月に渡って中弛み気味の連載ですがとうとう最終回でございます。仕上げには、「意…

40代独身男性が、意中の女性を口説くには? 中編

2016/09/30

気になる存在に昇格する方法 前回、「40代独身男性が、意中の女性を口説くには?前編」として、心構え的な部分を書きました。   以前、私の家には入れ代わり立ち代わりモテ美女達が、酒を…

40代独身男性が、意中の女性を口説くには? 前編

2016/08/25

お相手がどんな若い美女でも、おじさんにはおじさんの戦い方がある 先日、40代独身男性Aさんの相談に乗りました。どうやら、「女性をどうやって口説くのか忘れてしまった。」とのこと。昔は出…

セクハラにならない話し方

2016/07/28

セクハラ認定されたら命取り。その一言がセクハラになります! パワハラ、マタハラ、モラハラ、リストラハラスメント・・・。ここ数年でたくさんのハラスメントが生まれた感があります。まぁ、元…

男と香りの思い出

2016/06/28

匂いが運ぶ愛の記憶 香りには数多のドラマがある。 私は写真を一切撮らなかった。生きるの死ぬのと大騒ぎした、人生で初めて「結婚したい」と願った大好きな彼とのそれは旅行で、場所も以前か…

日本人はもうセックスしなくなるかもしれない

2016/05/31

子供を作る以外にセックスの意味などあるのだろうか? 40代ともなると、ついつい若者たちを憂いてしまいがちですよね。特に、昨今の若者の草食化や恋愛離れに関しては、「俺たちの若いころは~…

男が愛を表す時

2016/04/27

男が不器用でぶっきらぼうだということを、私は父親から教わった。 私はファザコンじゃありません。逆に、自分の恋愛対象や結婚相手を振り返ると、父と真逆な人ばかりに惹かれてきたように思い…

ミッドライフ・クライシス(中年の危機)は突然に!!

2016/03/23

45歳男性の二人に一人が陥るミッドライフ・クライシスとは? 私が40代に突入した途端、一番最初にガタが来たのが「視力」でした。 「急激にスマフォを使い出したから~」「書く仕事が増えたか…

40代が陥りがちな離婚の甘い誘惑

2016/02/23

「全く違う人生があるのではないか」と夢想してしまう「離婚」の誘惑。 以前のブログ「男40代に忍び寄る魔の時対処法」*https://40life.lucido.jp/article-29/で、新たに何かを始めるのにあた…

40代独身男性が結婚するためには

2016/01/30

大未婚時代に突入する前に 最近、立て続けに40代独身男性の婚活相談に乗る機会がありました。普通に収入があったり、イケメンだったり、コミュニケーションスキルが高かったりして、皆、結婚す…

恋の効能

2015/12/29

恋は遠い日の花火なのか 先日久しぶりに会った40代の友人(独身、女性)が、異常な程若返っており、おまけにとっーても綺麗になっていて久々に度肝を抜かれました。聞けば、「恋をしている。」…

中年の哀愁

2015/12/17

「なんで中年男性って・・・?」っていう記事を見つけて 先日、40代友人男性へのプレゼントを選ぶために、googleで検索しようとした時のことです。 「中年男性」と入れたら、上から何番目かに…

40男はもっと泣いていい

2015/10/24

イライラしたジジイにならない為に 突然ですが、私は「男泣き」が好きです。 特に、中高年男性の「男泣き」を見るとぐっとくるだけじゃなく、母性にも火を付けられ、「さぁ~♪眠りなさ~い~♪…

男40代に忍び寄る「魔の時」対処法

2015/09/26

不惑なんて嘘っぱち!40代特有の悩みや焦りを、どう乗り越えればいいのか。 SNSなどを拝見していると、誕生日を迎えて40代に突入した人の多くが「人生の折り返し地点」という言葉を使っていま…

大人の男とダイエット

2015/08/25

このサイトよりコラムのオファーをいただいた際に、私は迷わず「書きます!」とお答えしたのですが、それは読んで下さる対象が「40代」と伺ったからです。   40代男性―。零細企業を19年間…