スマホゲームブームで思い出す。伝説的ゲーム!任天堂『GAME&WATCH』!

手軽に遊べる携帯ゲームはここから始まった。

ちまたではスマホゲームが大人気ですね!例を漏れず私もやってます(笑)

 

ゲームの楽しさはもちろん、常に携帯してるスマホで遊べる手軽さが魅力です。初めて携帯ゲームの洗練を受けたのは私たち世代でしょう。

 

そう!『ゲームウオッチ』!!

 

正式名称は『GAME&WATCH』
任天堂が1980年に発売した伝説的な携帯ゲームです。
反復的でシンプルなゲームですがレベルが上がるとスピード感が増し高得点を出した時の達成感!

 

ゲームキャラクターやコンセプトがしっかり練られた素晴らしいゲームでした。今のスマホゲームも大人が楽しんでいますが、ゲームウオッチも当初は大人が通勤中などで楽しめるゲームとして発案されました。だから時計も付いているということです(笑)

 

しかし発売してみると小中学生を中心に子供の間で大ブームとなりました。学校にも持って行けたのが本当に嬉しかった!先生に見つからないよう休み時間にみんなで遊ぶ楽しさ。同級生に貸したら紛失されてしまい弁償するのしないのとケンカした苦い思い出もあります。。

 

たぶん、ゲームウオッチにハマってた人なら1つや2つ、そんな思い出話があるのではないでしょうか。初期のもので箱付き、状態良好ならけっこうなプレミア価格で取引されています。コレクターがいるのはもちろん、液晶を使用しているので経年や元々の不良により液晶漏れを起こし自然と壊れる事もあり、確実に市場に出回っている数が減っています。ファミコンの登場によりテレビゲームが支流となりゲームウオッチは衰退。。

 

コレクションする世代は限定的かもしれませんが、後にも先にもあのようなゲームは登場しないように思いますので今後も高値が続きそうなジャンルです。あれだけ大ブームだったゲームウオッチ。家庭に1個はありました。
もしかしたら実家の押入れなどにありませんか?

 

ありましたら是非譲ってください(笑)

浅沼兼司

浅沼兼司

昭和キャラ・ヒーロー玩具コレクター/箱根カレー「心」オーナー

1971年生まれ:生まれも育ちも神奈川県 小売業、飲食店経営 映画好きからスター・ウォーズのフィギュアからコレクションがスタート。子供の頃の特撮、アニメのキャラクター玩具の素晴らしさに目覚め、現在に至る。                     コレクション暦16年:約10,000点所有 2009年:テレビ東京/開運!なんでも鑑定団 年末スペシャル おもちゃコレクター選手権に出演 2013年8月:平塚市美術館 市民アートギャラリー 初の玩具展開催。 2014年7月:南足柄市郷土資料館 『アニメキャラクター玩具展』開催。2015年5月:静岡県藤枝市郷土博物館 『なつかしのおもちゃ★昭和アニメヒーロー展』開催。のべ約6万人の来場者を記録。 箱根のカレー専門店『箱根カレー「心」』のオーナー。