HOME > 生 活 > マナー > できる男の「お祝いのマナー」

できる男の「お祝いのマナー」

2017/01/16

佐野由美子

中国料理「赤坂璃宮」取締役営業本部長 / カメリアエンタープライズ 代表取締役

佐野由美子

20年以上の接客経験が、講演や、現場指導、マナー研修などを通…

「お祝い」は形式ではないが最低限のポイントは守りたい

ビジネスリーダーとしても、家庭での大黒柱としても、冠婚葬祭や人づき合いの大事な場面でスマートな行動がとれる大人でありたいですね。人生の中ではさまざまな「お祝い」のシーンがあります。古いしきたりに囚われるよりも、相手に喜んでいただく行動をとることの方がずっと大切です。ただし、どんな時代でもポイントは押さえてくださいね。

出産祝い

親戚だけでなく親しい方への出産祝いをするということは、その後の家族ぐるみの友情が深まることも多いもの。幸せな命の誕生に「健やかに」の気持ちを込めて。ベビー服などの赤ちゃん用品なら男女とも明るい色合いがグッド。もちろん現金や商品券は大変ありがたいお祝い品です。友人でしたらお母さんあての贈り物にしてもいいですね。マザーバッグなどはとても喜ばれます。退院後2週間くらいが贈るタイミングです。

入学祝い

春、新しい学校生活に入る子供たちにはおめでとう!の激励を込めて。これは成長を喜ぶご両親へのお祝いの気持ちを示すものでもあります。自分の子供がお祝いをいただいている場合はもちろんお祝いを差し上げるのがマナーです。小学1年生は他の人と贈り物が重なることが多いので、あらかじめ希望品をお聞きしてからが安心ですね。中学・高校になると本人の好き嫌いも決まっていますので現金や商品券、文具券、図書カードなどの自由に使ってもらえるものが喜ばれます。入学式の前には届くようにしましょう。

就職祝い

昨今の就職難を乗り越えて新社会人になれた若者の喜びは思いのほか大きいものです。是非社会の先輩として温かいお祝いの気持ちを贈りましょう。食事に招いて励ましとアドバイスを送ってあげるのが一番かもしれません。記念の品物を贈る時は、身につける物は本人の好みもありますが、学生時代とは画したプロらしい名刺入れ、財布、手帳、ペンなどのビジネス小物を厳選するのが大人の心得。入社日前には贈りましょう。

結婚祝い

冠婚葬祭の中でも結婚祝いは多いですね。後輩や親しい方でしたら心からの祝福を贈りたいもの。お祝いは現金でも、品物でも(その両方でも)OKですが、贈る相手との関係性や親しさ、趣味やライフスタイルを十分考慮して本当に喜んでいただけるお祝いを差し上げましょう。友人でしたら希望品をお聞きする方が良いかも。「切る」「割れる」につながる包丁、鏡、ガラス類は避けた方が無難です。4個、9個はタブー、なるべく奇数が良いとされています。本来、結婚祝いを渡すタイミングは挙式の1週間前までです。披露宴に招待されていない場合は結婚式の後に贈る方が気を使わせずにスマート。披露宴の当日にお花や贈答品を持参するのはかえってご迷惑をかけることもありますので配慮をしましょう。もちろん、ご祝儀を包む時には必ず新札を入れるのがマナーです。

定年退職のお祝い

永年に渡り会社のために尽力された上司、先輩には心からの感謝とねぎらいの気持ちをこめて送り出したいですね。定年に達したご本人の感慨は例えようもなく深いものです。送別品は職場全体として贈ることが多いと思います。一生の記念になる時計や置物などが定番ですが、まだまだお若く第二の人生をスタートさせる起点でありますので、ご本人の趣味に関する物、旅行券、コンサートチケットなども喜ばれます。自分が個人的に大変お世話になった先輩でしたら、やはりみんなとは別に個人でも感謝の気持ちを贈るべきだと思います。

長寿祝い

最近は「還暦」はまだまだ現役、「古希」から祝う方も多くなりましたね。昔のように形式だけの長寿祝いではご本人も嬉しくない時代です。「いつまでも若々しく」「これからも人生を楽しんで下さい」の思いを込めて、趣味の物や毎日が楽しくなる物を選んでプレゼントをしましょう。地味すぎる物は禁物。実際の年齢よりも若々しい、やや派手めの物を選ぶように気配りを。大げさな年寄り扱いのお祝いはかえって失礼になることも。少し考えたいですね。

開店・開業のお祝い

知人や取引先の開店・開業の知らせをもらうことも多いのでは。努力を実らせ個人事業を始められた方なら喜びもひとしおです。贈り物よりも、披露パーティに顔を出すことが何よりのお祝いです。ご祝儀やお花を贈ることが定番。お花や調度品を贈る場合はインテリアの雰囲気や置き場所に合った物を選ぶようにします。オフィスでしたら観葉植物も喜ばれます。

 

マナーに適ったセンスの良い「お祝い」ができる人こそ本当の大人。人の喜びを自分の喜びにできる人になりたいですね。

このキュレーターの他の記事を読む

レストランのお店の人と仲良くなる方法

2017/08/04

食事の時間が10倍楽しくなるための「唯一の秘訣」 友だちを招く時も、大事な人をもてなす時も、彼女との素敵な時間を過ごす時も、全てはあなたの堂々としたリード次第。ここはひとつ、決してお…

さすが大人、と思わせる「モノの言い方」

2017/07/06

言葉は心の余裕の差だ ふと、「いいこと言うなぁ」と感じさせる大人って、肩の力が抜けてサラリとしている。どんなシーンでもタイミングよく言葉を選んで話ができる人は、やはり「余裕」が違い…

人に好かれる気の利いた「モノの言い方」

2017/06/07

「感じのいい人」は表情と話し方にメリハリがある 初対面でも「あ、なんかいいな、この人」って思うことがありますね。話している時の表情がいいし、別れた後も言葉が残る。逆に丁寧な言葉ばか…

仕事がうまくいく人の「モノの言い方」をマネよう

2017/05/08

やはり人格が表れるのは、その人の話し方 初対面でもこの人誠実そうとか、大人だな、頭が切れそうな人だな、という印象を持つのはやはり会話を交わした時ですよね。どんな声で、どんな表情で、…

新人に頼られる男を目指せ

2017/04/14

磨きのある先輩で差をつけよう 皆さんの新入社員時代を思い出してみて下さい。毎日緊張とドキドキでいっぱいの中で仕事をスタートした時に、職場の中に必ず光っている先輩、カッコよく仕事をし…

目上やご年配の女性へのエチケット

2017/03/13

こんな時こそスマートな行動を 例えばパーティやお食事の席で初対面のマダムと同席した時。とても品格のある年配の女性とお隣の席になった時。今夜の接待は女性がメインゲストである時。お取引…

大人のレディファーストの心得

2017/02/17

レディファーストはマナーというより、男性の女性に対する優しさの表現です 女性を優先する欧米のエチケット。堅苦しいとか、面倒くさいとか、時代遅れと投げ出す前に もう一度、弱者や女性に…

できる男の「お見舞いのマナー」

2016/12/16

相手との関係性や状況に配慮して 親しい方や仕事関係の方が入院したと聞いた時、すぐにお見舞いに伺うべきか?何を持って行ったら良いのか?病室ではどう振る舞ったら良いのか?突然で迷います…

できる男の「お礼の伝え方」

2016/11/16

あなたの信頼と好感度をアップさせる決め技 誰かに何かをしてもらった時、思いがけず嬉しいことがあった時、心遣いのお品をいただいてしまった時…。感謝の思いをすぐに、きちんと言葉で表現し…

できる男の「手土産選び」

2016/10/20

あなたのセンスが問われている 男性でちょっとした手土産に気が利いている人は必ず一目置かれます。タイミングよく、場にふさわしく、あなたのセンスがキラリと光るような手土産をごく自然にさ…

できる男の「中国料理でのマナー」

2016/09/18

接待や会食で意外と知らない中華のマナー 個室などで円卓を囲む中国料理は大事な接待や顔合わせの席も多く、最近はビジネスシーンでの社交の場として使われることも増えてきましたね。家族で和…

できる男の「お酒のマナー」

2016/08/13

お酒のエスコートは あなたの見せ場 お酒に強い弱いではなく、また、お酒の銘柄に詳しい詳しくないではなく、大切なお食事のシーンでは堂々とお酒のエスコートが出来るかどうかが勝負です。相…

できる男の「ブュッフェマナー」Vol.2

2016/07/20

スマートな立ち姿が決め手 前回お話しましたが、ブュッフェスタイルのパーティこそビジネスマンにとって大事な社交の場所。多くの方にお会いして自分の存在をアピールできる楽しいシーンです。…

できる男の「ブュッフェ マナー」Vol.1

2016/06/16

社交のとっておきの場でスマートに! 人づきあいの多いビジネスマンにとって、さまざまな公式パーティや交流会に参加することは実は大切なステージです。常に良い出会いや大きなチャンスが待っ…

できる男の「和食のマナー」

2016/05/19

基本さえ覚えておけば どんなお席でも慌てない 難しいことは一つもないのですが、堂々と基本のマナーを身につけて振る舞っている人は、見ていてさすがの大人だと思います。日本人の良きお手本…

できる男の「お座敷でのマナー」

2016/04/19

「和の心得はぜひ身につけたい」 日本料理だから、と普段の慣れでついマナー違反をしてしまいがちなお座敷席。窮屈になる必要はありませんが、大事なお席では先ずはここだけは押さえておいてく…

できる男の「食事に招かれた時のマナー」

2016/03/22

お洒落をして、定刻にお店に着く気配りを 食事にお誘いいただいた時の第一のマナーは、きちんと場に相応しい服装で行くことです。少し改まったお店でしたら、地味なビジネススーツのままで駆け…

レストランで人をもてなす日のマナーは?

2016/02/21

15分前には先に着くのが いい流れのスタートに レストランでの接待やエスコートの上手な人は、必ず余裕を持って早めに店に着かれます。間違ってもゲストが先に到着してしまっては、全ての流れ…

できる男のお店選び 「大切な接待の当日にやるべきことは?」

2016/01/22

当日の午前から接待は始まっている 今日は大切な「おもてなし」の当日。できるビジネスマンにとっての勝負日ですね。ゲストに対して終始スマートに、温かくもてなし、心ゆくまで満足な時間を味…

できる男のお店選び 「コートの預け方でセンスがわかる?」

2015/12/23

なぜ初めにお店の人にコートを預けるのかご存知ですか? この季節、レストランに行ったら 先ずは入り口でコートを脱ぎますね。そのあと、あなたならそのコートをどう扱っていますか? ここは …

できる男のお店選び 「予約の上手な入れ方」

2015/11/15

情報が多ければ多いほどいい。事前の細かい情報こそ 「いい時間」を約束します。 大切な会食のホスト役になる時、いちばん大切なのは「予約の電話の入れ方」です。 当日になって 「こんなはず…

できる男のお店選び 「お洒落はエチケット」

2015/10/20

お店の格と雰囲気に合ったスタイルで颯爽と! 40代の男性でしたら、いろいろなシチュエーションの食事会があると思いますが、みなさま、いつものビジネスシーンのままおでかけではないですか?…

できる男のお店選び 「レストランの攻略法」

2015/09/20

「日頃の準備」があれば、いざという時もいいサービスが受けられます! さまざまなシーンに応じて、咄嗟に気の利いたお店を予約できるのができる男の条件。招いた方を最高に喜ばせるのも大人の…

できる男のお店選び「シチュエーションに合わせたお店選びのポイント」

2015/08/21

  人づきあいにレストランは大事な舞台。シーンに相応しいお店を選ぶのはできる男の条件とも言えます。是非日頃から「安心して使えるお店」をいくつかキープしていたいものです。 接待で…