HOME > 美 容 > ファッション > 男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/01/28

宮下 貴行

京ごふく宮下 若ダンナ

宮下 貴行

着物だけでなく、和のことなら何でもよろずご相談引き受けます…

vol.1 波平さんでいい。着物は普段着、くつろぎ着から。

「難しそう! 値段がよくわからないしコスパが悪そう。 呉服屋さんって敷居が高そう。どこへ着ていけばいいかわからない。」着物に対してこんなイメージを持たれている方、多くありませんか? そんな既成概念をひっくり返すような、「ちょっと興味が湧いてきたかも。」と、男性の皆様の“和ごころ”をくすぐることが出来るような、楽しく読めて着物のことがちょっとわかるようになるお話を中心にお伝えしていこうと思います。

僕は、呉服屋に生まれ育ちましたから当然馴染み深い世界ではあります。でも、僕の周囲を含め、 現代の社会に生きる皆さまにとっては、お金持ちのための道楽のようなイメージを持っている方が多いなと日頃感じてます。それから、呉服屋と聞くと「着ないからねぇ」と距離を置かれることも多々あります。もし興味がもっても「価格、取り合わせ、着こなしとかTPOわからないからやっぱりいいや」と。

デニム登場! 敷居は低く。お洒落心は高く。

昔と違って、生地の研究開発が進んだ今は、特に男性着物においては“自宅で洗える(洗濯機OK)ものが大人気。自分らしくカストマイズして楽しみたい、という傾向が強くなってきています。足袋や履き物も、プライベートであれば、もちろん自由でいいんです。例えば、着物を着なくても、まずは気に入った色足袋とかからスタートしてもいいし、着物の下にお気に入りのボタンダウンシャツやTシャツ、色柄の派手なスパッツやカラージーンズを履いてもいいですね。足元はハイカットのスニーカーや革靴でもいいと思います。

懐深き。

特に人気が高まっているのは、“デニム着物“。デニム人気が和装の世界にも流れてきました。仕立て上りも4〜5万円ぐらい。ちょっといいお洋服が買えますが、利点は形に流行がないので大切にずっと着続けられることです。生地はちょっと厚めですが、下に着る物を薄手にすれば大丈夫。洋服的な感覚で着こなせる楽しさと、変わりダネでも着物は着物。姿勢も佇まいもぐっと雰囲気が出て、羨望が集まること間違いなしです。多少ヘアスタイルがぼさっとしていても、ヒゲの剃り残しがあってもご愛嬌。そんなことさえも、包みこんでくれる懐の深さがあります。

かの名漫画(長谷川町子さん原作)『サザエさん』の中で、お父さんの波平さんは、会社着はビジネスマンらしくスーツ、そして記憶にある方も多いと思いますが、帰宅後の自宅のくつろぎ着は着物でした。父晃一によれば、波平さんの着物はウールか紬などのカジュアルな生地ではないかとのこと、今にして思うと波平さんなかなかおしゃれ男子です。“one-mileウェア”としても使えるし、ちょっとしたピンクのストールとモダン草履で近所へのお食事も粋な感じになります。

カジュアルダウンがかっこいい。

正式な絹の着物は、もちろん日本男子としての最上級のフォーマルウェアでもあります。紫綬褒章受章式から宮中晩餐会にも羽織袴で行けます。だからこそ、そこからのカジュアルダウンに楽しさがあると僕は思います。どう自分なりの着こなしで着くずして日常化していくか? どんなアイテムと組み合わせるのか? そして、いかにいい男風に見せるか?

時代が進んでいく中、着物の着方もどんどん進化して、古典的な良さを生かしつつ斬新な着こなしが必要とされる、新しい局面をむかえようとしています。動きまわることの多い僕の仕事着は、コム・デ・ギャルソン風? 袴デニム(ユニクロの立て襟シャツをin。)。足元は、“カレンブロッソ”という鼻緒などが自分好みにカストマイズできるものや、裏がキャタピラで滑りにくい作りになっている“カジエスタ”のお洒落草履でコーディネート。着物もTPO。お洋服と同じように、場面場面で装いを変えています。

 

僕なりの視点ですが、ユーモアたっぷりに着物コラムを発信していけたらいいなと思っています。次回は3月半ば。着物は究極のモテ着、というお話です。

このキュレーターの他の記事を読む

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/11/18

vol.6 やっとバリエーションが登場。悩んでいた帯結びも とってもかんたんになってますよ。 今回は着物の明るい未来を切り開く!? 帯のお話をメインにさせていただきましょ。   年末に向…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/09/17

vol.5 普段着も、みんなでまとえば ちょっとお洒落な集団見え。 インスタ投稿も楽しいもんです。 ひと休みしていたお着物のお話にもどりましょ。   夏が終わりました。祇園さんや大文字の…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/07/15

vol.4 夏がやって来ました、ルールの少ない浴衣でGO! 盛夏の時期がやってきましたもんで(笑)、ちょっとひと休みして今月は浴衣のお話。   まずは、来たる7月半ばの京の風物詩にもなっ…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/05/10

vol.3 ほんまもんを知り、着くずす楽しさを知る 知識はチカラなり! これまで、ジーンズや木綿などカジュアルな着物を自分好みに着崩す、というお話をさせてもらいました。そして、かっこつけ…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/03/21

vol.2 ギャップ萌え~を狙え。 ズバリ、これでしょう!   「自分をブランディングできる」ということが、長所のひとつとして大きいかなと思います。つまり、“いつもと違う自分の演出“を手…