HOME > 社 会 > コミュニケーション > 夫は何故妻に嫌われるのか?

夫は何故妻に嫌われるのか?

2017/01/30

川崎貴子

リントス株式会社代表取締役

川崎貴子

女性マネージメントのプロ

結婚生活が15年過ぎると、夫が嫌になる。

40代も半ばに差し掛かると、30歳で結婚した夫婦は結婚15年を迎えることになります。我が家は再婚で晩婚な為、共同生活を始めてちょうど10年、結婚9年なのですが、友人知人には結婚15年達成者達が多く存在致します。その中で何組か昨年離婚いたしました。それも妻からの要望で。

 

夫たちは、「子供たちも小さいころに比べればだいぶ手がかからなくなり、自分も昔みたいにがむしゃらに働くこともない。隣には長年親しんだ妻が居て、これから夫婦で旅行したり、趣味をもったりしようかな?自分は結婚生活に満足していたので妻も同じように思ってくれている筈。」と、のほほんと捉えていた矢先の出来事だったそう。

 

離婚に至らない夫婦でも15年ぐらいを過ぎると、夫と妻に驚くべき「愛情格差」が生まれるのを、カウンセリングの現場で何度か目の当たりにしてきた私は、密かに「15年危機説」を勝手に唱えて流布させて参りました。

 

「夫に、もう何の興味もない。」
「離婚したい。だけど、未だ子供の教育費もかかるし。」
「私の人生、これで良かったのかしら?」
と、私に相談に来る妻たちは「夫への愛情のなさ」を隠しません。

 

現に雑誌の特集(クロワッサン1月号「いらないのは夫!」)でも、ネット上の書き込みでも、40代50代と思しき妻たちの「夫マジいらない!」の大合唱、その勢力は一向に衰えない。

 

一生懸命働いて、ビールを発泡酒にし、趣味を最小限に留めて家族の為に頑張ってきた40’s Lifeな男たちが、人生の後半戦に妻に捨てられる(もしくは嫌われる)なんてあまりにも悲しすぎる。過ぎさりし日々は取り返しがつかないので、身に覚えのある夫、妻が最近冷たくなった夫、のほほんと捉えていた夫の皆様におかれましては、「今後生まれ変わる気持ちで」夫婦の会話にテコ入れを。

妻が求めていたものは、情緒的なつながり。

「温泉宿に行くと、朝食時にその熟年カップルが夫婦か不倫関係かすぐわかる。不倫カップルには会話があるから。」と、誰かに聞いたことがあります。先日我が家も家族で温泉に行ったのですが、会話なく、阿吽の呼吸で妻がお茶を入れるそんなアラフィフ夫婦と遭遇しました。「こぼさないで。手を拭いて。」など、小さな子供がいてがやがやしている我が家とは対照的に、お通夜のように黙りこくって食事をする夫婦の姿に、「まさに夫婦。不倫ではない。」と、心の中で太鼓判を押したものです。

 

同時に、ぞっと致しました。旅行に来てまで食事の際に話さないなんて、日常的な食事風景は、もっと会話が無いであろうと想像がつくからです。そして、子供たちが巣立った未来の我が家もその恐れが無いとは言えないからでした。

 

色々な人に会い、人と話す仕事をしている私ですらそんな風景にぞっとするのですから、会話や労働の評価を、時間的にも夫に頼らざるをえない専業主婦だったとしたら、私なら絶望しますね。会話の無い食事にも、会話の無い夫婦関係にも。

 

確かにずっと一緒に暮らしていると、互いに相手の事を知ったつもりに成りがちです。でも、15年も一緒にいるのに妻の事を解っていなかったから、離婚を突き付けられるわけです。夫も妻も、体験したこと、出会った人、見たニュース、読んだ書物、色々な物に触発されて変わっていきます。15年も連れ添った、見知った妻は、もしかしたらもう別人の思考を携えて生きている人かもしれません。

 

映画を観に行ってでも、飲みに行ってでもいいので、夫婦二人でたまには深い話ができる時間を持つこと。そして、デイリーに夫からも話しかける事。

 

「今日はどんな日だった?幸せな日だった?」
そんな風に夫が話しかけてくれたなら、妻たちはきっと話し、ストレスを溜めなくなるのではないでしょうか。そして、夫に「気にかけられているんだ。」と愛情を再確認するのではないでしょうか?

 

「イタリア男は毎日一輪挿しを妻に買って帰る」と何かのコラムで読みました。さすがアモーレの国の伊達男達。女心に精通してるなぁと感心致しました。一年に一回の旅行や高価なプレゼントではなく、日常的な愛情表現が女性には効果的です。それを意識して習慣化することで、夫婦15年危機は乗り越えられるのではないかと私は思っています。そして、日本の場合は、デイリーなプレゼントよりもデイリーな声掛けが効きますので、是非お試しくださいませ。

このキュレーターの他の記事を読む

女性の体の事、知っていますか?

2017/04/24

大切な女性がいる全ての男性達へ 「女性の体」と申しましても、セックスにまつわる女体の話では残念ながらございません。昨晩、私は一般社団法人シンクパール主宰のイベント「女性からだ会議」…

40代男性こそ大事な「死に支度」

2017/03/27

もし、明日突然自分が死んでしまうとしたら、スマホや机の中に見られてまずいものはありませんか? 昨年末私は乳癌になり、右乳房を全摘出致しました。その顛末はこちら「女社長の乳癌日記vol.…

「結婚は墓場だ。」と既婚者が言ってはならない理由

2017/02/27

独身男性に出会いの無いジャパン 働き始めてからずっと、女性のキャリア支援や教育事業に特化してきた私ですが、最近、毎週末男性の話を聞いています。昨年11月からスタートした働く女性向け婚…

男の色気の作り方

2016/12/28

よく質問されるのですが、男の色気ってなんなんでしょうね。 最近、独身男性と対談や面接をさせていただく機会が多いのですが、その際に一番されて困る質問が「男性の色気ってなんですか?」と…

女に捨てられる男、捨てられない男。

2016/11/28

夫婦の幸せの形は、夫婦の数だけあるのではないでしょうか?そして、その形は外部には解らない。私たちは世間に対して結構上手に「幸せそうな夫婦」を演じることができるから。 「金の切れ目が…

40代独身男性が、意中の女性を口説くには? 後編

2016/10/31

意中の彼女の好意を勝ち取る方法 前編では主に「心構え」を、中編では「気になる存在に昇格する方法」と、2か月に渡って中弛み気味の連載ですがとうとう最終回でございます。仕上げには、「意…

40代独身男性が、意中の女性を口説くには? 中編

2016/09/30

気になる存在に昇格する方法 前回、「40代独身男性が、意中の女性を口説くには?前編」として、心構え的な部分を書きました。   以前、私の家には入れ代わり立ち代わりモテ美女達が、酒を…

40代独身男性が、意中の女性を口説くには? 前編

2016/08/25

お相手がどんな若い美女でも、おじさんにはおじさんの戦い方がある 先日、40代独身男性Aさんの相談に乗りました。どうやら、「女性をどうやって口説くのか忘れてしまった。」とのこと。昔は出…

セクハラにならない話し方

2016/07/28

セクハラ認定されたら命取り。その一言がセクハラになります! パワハラ、マタハラ、モラハラ、リストラハラスメント・・・。ここ数年でたくさんのハラスメントが生まれた感があります。まぁ、元…

男と香りの思い出

2016/06/28

匂いが運ぶ愛の記憶 香りには数多のドラマがある。 私は写真を一切撮らなかった。生きるの死ぬのと大騒ぎした、人生で初めて「結婚したい」と願った大好きな彼とのそれは旅行で、場所も以前か…

日本人はもうセックスしなくなるかもしれない

2016/05/31

子供を作る以外にセックスの意味などあるのだろうか? 40代ともなると、ついつい若者たちを憂いてしまいがちですよね。特に、昨今の若者の草食化や恋愛離れに関しては、「俺たちの若いころは~…

男が愛を表す時

2016/04/27

男が不器用でぶっきらぼうだということを、私は父親から教わった。 私はファザコンじゃありません。逆に、自分の恋愛対象や結婚相手を振り返ると、父と真逆な人ばかりに惹かれてきたように思い…

ミッドライフ・クライシス(中年の危機)は突然に!!

2016/03/23

45歳男性の二人に一人が陥るミッドライフ・クライシスとは? 私が40代に突入した途端、一番最初にガタが来たのが「視力」でした。 「急激にスマフォを使い出したから~」「書く仕事が増えたか…

40代が陥りがちな離婚の甘い誘惑

2016/02/23

「全く違う人生があるのではないか」と夢想してしまう「離婚」の誘惑。 以前のブログ「男40代に忍び寄る魔の時対処法」*https://40life.lucido.jp/article-29/で、新たに何かを始めるのにあた…

40代独身男性が結婚するためには

2016/01/30

大未婚時代に突入する前に 最近、立て続けに40代独身男性の婚活相談に乗る機会がありました。普通に収入があったり、イケメンだったり、コミュニケーションスキルが高かったりして、皆、結婚す…

恋の効能

2015/12/29

恋は遠い日の花火なのか 先日久しぶりに会った40代の友人(独身、女性)が、異常な程若返っており、おまけにとっーても綺麗になっていて久々に度肝を抜かれました。聞けば、「恋をしている。」…

中年の哀愁

2015/12/17

「なんで中年男性って・・・?」っていう記事を見つけて 先日、40代友人男性へのプレゼントを選ぶために、googleで検索しようとした時のことです。 「中年男性」と入れたら、上から何番目かに…

40男はもっと泣いていい

2015/10/24

イライラしたジジイにならない為に 突然ですが、私は「男泣き」が好きです。 特に、中高年男性の「男泣き」を見るとぐっとくるだけじゃなく、母性にも火を付けられ、「さぁ~♪眠りなさ~い~♪…

男40代に忍び寄る「魔の時」対処法

2015/09/26

不惑なんて嘘っぱち!40代特有の悩みや焦りを、どう乗り越えればいいのか。 SNSなどを拝見していると、誕生日を迎えて40代に突入した人の多くが「人生の折り返し地点」という言葉を使っていま…

大人の男とダイエット

2015/08/25

このサイトよりコラムのオファーをいただいた際に、私は迷わず「書きます!」とお答えしたのですが、それは読んで下さる対象が「40代」と伺ったからです。   40代男性―。零細企業を19年間…