2017.02.07

ビジネス
Facebookにログインできない!ピンチになる前にやっておきたいこと

トラブル時に慌てないように、万が一にも備えを

「Facebookパスワードを忘れて、再設定もできない」「アカウントがのっとられたかも?」など。Facebookにどうしてもログインできないというトラブルに見舞われたら、どうすればよいのでしょうか。

 

Facebookには、そんなピンチのときのために友達に助けてもらえる機能があります。特にFacebookを仕事に使っている人は、万が一のときのために備えておきたいものです。

「信頼できる連絡先」を登録しよう

信頼できる連絡先とは、Facebookにログインできないときに、事前に登録した友達にログインを助けてもらえる機能です。友達からアカウントへのアクセスの再開に必要なセキュリティコードを送ってもらうことができます。さっそく登録の仕方をご紹介します。

 

画面右の「▼」から「設定」を選択し、「セキュリティ」をクリックします。

「信頼できる連絡先」を開き「信頼できる連絡先を選択」をクリックします。

最低3人から5人の友達を選択して登録します。

以上で完了です。友達を選ぶ際は、何かあったときにお願いしやすいかなどの関係性はもちろんのこと、すぐに連絡が取れるかどうか、本人がFacebookを常日頃使っているかも考慮するとよいでしょう。

 

なお、実際にアカウントにアクセスできなくなった際は「信頼できる連絡先」として登録した友達の氏名を入力する必要があります。万が一のときに、誰を登録したかを正確な氏名で記載できるようにしておきましょう。

 

登録が済んだら、この機会に二段階認証などほかのセキュリティ設定もあわせて見直しておくと、なお安心ですね。

柴佳織

柴佳織

ソーシャルメディアコンサルタント

企業のFacebook活用やオウンドメディアの企画・運用支援・解析改善提案などを行う。Facebookマーケティングについては各種Webメディアで記事を執筆するほか、講師も務めている。 著書『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』技術評論社