大人のレディファーストの心得

レディファーストはマナーというより、男性の女性に対する優しさの表現です

女性を優先する欧米のエチケット。堅苦しいとか、面倒くさいとか、時代遅れと投げ出す前に もう一度、弱者や女性に対するさり気ない優しさや気配りについて考えてみませんか? ちょっとしたアナタのスマートな行動によって女性から「ありがとう」の素敵な笑顔をもらえるかも。慣れるまでは照れ臭いものですが、相手を大切に扱いたいという心はいつも身につけておきたいですね。

「after you(お先にどうぞ)」の男らしい余裕を

全てが女性優先、女性尊重せよというルールでは決してありません。「私は後からでも大丈夫です。どうぞお先にお入り下さい」という心の余裕があると いつもの行動に自然と自信が表れてきます。「われ先に」ではなく、 相手に譲り相手を守る文化からも、ジェントルマンとして学ぶものは多いはずです。ぶっきらぼうだけでは通用しないシーンもありますしね……。

ドアを開けて、先に入れてあげる

レストランなどへ入る時は男性が先行してドアを開け女性を通してあげる。ただし、未知の場所へ入る時は男性が先行します。堂々とエスコートをする態度を大切に。

エレベーターに乗る時は男性が先で、出る時は女性が先

扉が閉まらないように手で押さえたり、ボタンを押すためです。これはビジネスの場でお客様に対しても同様ですね。

タクシーでは男性が先に乗り込む

スカートを履いている女性が乗り降りで横移動するのは大変。支払いをする男性が奥に乗ると降りる時にもスムーズにいきます。

歩道を歩く時は男性が車道側を歩く

女性を事故や引ったくり、雨の日の泥はねから守るためです。

階段を歩く時は、上りは男性が後ろ、下りは前側

ヒールを履いている女性が転倒しそうになった時に支えられるポジションに。エスカレーターでも同様です。ただし、女性がミニスカートを履いている時は、さりげなく男性が先に上る方が親切マナーとされています。

椅子はいつも女性を優先する

レストランなどでは奥の席、ソファー席に女性を座らせる。ウエイターがいない時は、そっと椅子を引いてあげて男性は後に着席をする。公共交通機関を利用する際は、男性が女性を差し置いて座ってしまうのは控える。

レストランでは 女性を気遣う

メニューを決める時に女性の希望を優先すべきですが、迷って決めかねている様子なら助け舟を出してリードしてあげるのも優しさ。きちんとしたコース料理の場合は、食べるスピードもなるべく女性に合わせる気遣いを忘れずに。もちろん、ワインなどお酒のサーヴィスも男性の役目ですね。

重い荷物を持ってあげる

大きな荷物、重い物を持っている女性を見たら さりげなく助けてあげる。もちろん、ご年配の方に対しても同様です。ただし、見知らぬ人の場合警戒されることもありますので、必ず「よろしければ」と声をかけてからにします。

 

いかがでしょう。これらはごく一部です。レディがいなくなったと嘆く方も多いでしょうが、レディの心を気づかせてあげるのも アナタ次第かも。「知っててやらない」のと「無知」なのでは天地の差です。相手を思いやる行動は、目上の方にも、大切なお客様に対しても共通です。きっとビジネスシーンでも大きく役立つことは間違いないと思います。

佐野由美子

佐野由美子

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役 / カメリアエンタープライズ 代表取締役

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役、カメリアエンタープライズ 代表取締役レストランプロデューサー、研修講師、ビジネスマナー講師、女子栄養大学 「フードビジネス論」 非常勤講師 明治大学卒業後、OL生活を経て、20代後半からレストラン業に転身。自ら現場でのサービス経験、店長業務を積んだ後、30歳過ぎに独立。本格的なフードプロデュース業をスタート。あくまで現場主義のサポーターとして、多くの飲食店・サービス企業の経営改善に当たっている。「おもてなし」「ホスピタリティ」の大切さを伝えつづけてきて20年。「良い人づき合い」と「一流の接客」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわる。自分自身の20年以上の接客経験が、講演や、現場指導、マナー研修などを通じて多くの共感を得ている。