『無理やり』から『大好き』へ

私とバスケ

今回は今でもやっているバスケットボールについてお話したいと思います。

 

たぶん皆様も子供の頃、何かしらのスポーツをしてたでしょう。バスケットボールとの出会いは小学4年生。何か体を動かした方が良いということで、幼なじみもやっていたミニバスへ無理やり入らされた記憶があります。

 

夏合宿もあったり楽しくもありましたがこのミニバスで1番嫌だった事は、始まりと終わりに体育館を雑巾がけする事。。当時、肥満児気味だった私にとって雑巾がけは、苦しい修行のように感じていました。(笑)

 

それから中学もバスケ部に入りましたが、この時ほどスポーツとは体格がいかに大切かを実感した時でもありました。特にバスケやバレーボールは身長が高いほど有利な理不尽さを感じるスポーツです。。

 

中学のメンバーは全員背が低かった。170センチ満たない私が、背の高い役割りのポジション(センター)を任され市内最弱と言われていた超ヘタくそなチームでした。

 

余談ですが2つ下の後輩たちは、私たちの下手さに幻滅し、あのような先輩にならないよう反面教師的に練習し関東大会に出場するくらい強いチームとなりました!ある意味貢献しました。(笑)

 

中学生レベルで背が低いから弱いとか今から思えば、すべて言い訳です。バスケを詳しくない人でも知ってるあの元NBA選手の田臥選手は173センチ。

 

すごい選手だって元々できた訳じゃない。血ヘド吐くような練習をし努力した結果です。凡人はそこまで無理だとしても、もっと出来たんじゃないかと後悔の気持ちがずっとあります。

 

簡単に言えば、背が低くければ外からのシュート率を上げれば良い。実際、背の高さがほぼ変わらないチームに外からシュートをバンバン決められコテンパンにやられた経験もあります。(笑)

 

短所をただ嘆くのではなく、どうやったら勝てるか。力の差があってもだまって負けない。少しでも悪あがきする力強さが必要でした。

 

今でもバスケを続けている同世代バスケ仲間を見るとバスケが好きという気持ちもすごいですが、若かった頃、もっとやれたはず!という後悔みたいなものをどこか感じます。オヤジになってもオヤジなりに若い奴に負けないバスケはできるという向上心なのか負け惜しみなのか。(笑)そんな気持ちがあるから今でも膝、腰をケアしながらやり続けられるのかもしれません!!

浅沼兼司

浅沼兼司

昭和キャラ・ヒーロー玩具コレクター/箱根カレー「心」オーナー

1971年生まれ:生まれも育ちも神奈川県 小売業、飲食店経営 映画好きからスター・ウォーズのフィギュアからコレクションがスタート。子供の頃の特撮、アニメのキャラクター玩具の素晴らしさに目覚め、現在に至る。                     コレクション暦16年:約10,000点所有 2009年:テレビ東京/開運!なんでも鑑定団 年末スペシャル おもちゃコレクター選手権に出演 2013年8月:平塚市美術館 市民アートギャラリー 初の玩具展開催。 2014年7月:南足柄市郷土資料館 『アニメキャラクター玩具展』開催。2015年5月:静岡県藤枝市郷土博物館 『なつかしのおもちゃ★昭和アニメヒーロー展』開催。のべ約6万人の来場者を記録。 箱根のカレー専門店『箱根カレー「心」』のオーナー。