HOME > 社 会 > カルチャー > “お金を儲けたい人が、地方創生に関わるべき”

“お金を儲けたい人が、地方創生に関わるべき”

2017/04/10

加藤豊紀

Creators' Lounge Inc.(Founder / Chief Executive Officer)

加藤豊紀

Creators' Lounge 代表 カナダ・トロントを中心に活動するコミ…

行政ファーストでは物事は進まない

多様性、そして持続性のある事業作りには、野心ある実業家が必要だと思います。私が良く聞くPodcastニュースで、カルフォルニア州でVRを使用して注射の痛みを和らげる実験が行われたとのニュースを聞きました。最近はAIやVRなど特にITニュースが世間を盛り上げておりますが、この様な先進的な取り組みでよく聞く場所はカルフォルニア州が圧倒的に多いです。

 

カリフォルニア州って、そんなに凄い人が集まっているのでしょうか。そんなに行政がイノベーションに手厚くサポートをしているのでしょうか。そんな時に、サンフランシスコのbtrax (ビートラックス)の記事を拝見したところ、行政は特に何もサポートしていないとの掲載がされていました。ただ何もしていない訳ではなく、不要な介入は止め、企業側がとことん踏み込む規制のグレーゾーンを出来るだけ寛容に受け止めるのが、カリフォルニア州の考える行政の仕事というイメージと感じました。

 

私の思い当たるところでは、日本の地方創生は行政が積極的です。もちろん誰かが動かないと物事は始まらない。しかしそもそも行政のサポート有りきで集まる人達の中に、片道切符で乗り込む野心ある実業家はいるのでしょうか。補助金頼りではなく、自分で稼げる地方の街にする。そのためには批判も承知で、逆に行政に変革を求め、向き合っていく勇気等も必要になっていくケースの方が多い気がします。

 

地方創生、そして地域作りには我慢と、外部を容易に受け入れる姿勢と言った寛容性も必要な事だと考えます。そしてそこに携わる事業家(特にこれからその場所で地方創生に関わる方々)も、現状を良くするための仕事に対して、行政ファーストに甘んじていては変革は起きません。過保護政策は参入障壁を低くしますが、本当に地方を元気づけたいのであれば、野心ある実業家を積極的に受け入れる事です。

 

写真は、以前訪れた白神山地にて。日本の森の色は、深く清らかです。

このキュレーターの他の記事を読む

「やろう」では無く、「習慣化」を目指す

2017/03/07

無理して決めてやる必要は無い、あなたが明日から始められる自己投資時間  私は人生で一度も年始で立てた目標が、達成出来なかった人間です。 ふとこの前スタッフと話していましたら、2017年の…

サービス業と元日営業

2017/02/11

社員もお客様も家族も幸せに。 最近、日本で百貨店などがお正月休みを実施するとニュースになっていますね。もちろん賛否両論あるかと思いますが、私は休みにする事に大いに賛成です。   …

トランプ劇は必然だった。

2017/01/04

Motown - 輝きは復活するのか。 皆さんは、Motownと聞いて何を思い浮かべますか?私はブラックミュージックが昔から好きな事もあり、MotownといえばNorthern Soulの台頭、デトロイトという街か…

グローバル人材という言葉を北米で考えてみた。

2016/12/02

英語ネイティブではない日本人だからこそ、グローバル人材になれるチャンス! グローバル人材と聞いて、真っ先に思い浮かべるスキルはなんですか?多くの人がまず「英語」が頭をよぎるのではな…

B to C が優秀な日本。

2016/11/04

果たしてUber といった C to C ビジネスは根付くのか? ここトロントでは、Uberはすっかり日常の足となっています。Uber はお客が乗車後、ドライバーを評価するシステムを導入しています。お客…

パラリンピックに見る、障害者スポーツの可能性

2016/10/06

涙を誘うのではなく、そこには新しいスポーツの興奮が待ち受けている リオオリンピックも様々な問題を抱えつつも、無事にオリンピックとパラリンピックが閉幕しました。次は2020年東京、どの様…

世界中、どこでも地方創生を求めている!???

2016/09/08

日本ほど恵まれた観光資源がある地方は無いのではないんでしょうか。 またまたカナダ・トロントより、コラムを書かせて頂いております。夏は大自然のカナダでキャンプをしたり、山登りをしたり…

恐るべき未来

2016/08/11

ポケモンGoに見る、デジタルデバイスとの距離感 このコラムも掲載から1年が経ち、引き続き掲載を継続させて頂く事になりました。この場を借りまして、日頃読んで頂いている読者の皆様に御礼を…

便利=幸せではない

2016/07/04

利便性は逆にストレスな生活を送るキッカケとなる。 ここトロントと日本の生活を比べた時、トロントの生活の不便さを数え上げたらキリがありません。それだけ、日本はすべてにおいてとことん利…

皆さんは、なぜスポーツ観戦をしますか?

2016/06/02

熱狂する北米のスポーツ業界で、その答えを探ってみました。 私が住んでいる、カナダのトロントはとてもスポーツに熱い街です。メジャーリーグベースボール(以下MLB)、プロバスケットボール…

ニューヨークから飛行機で一時間のトロントに何があるのか。

2016/05/01

モザイク都市と呼ばれるトロントで、日本の移民問題を考える。 カナダは世界でも有数の移民国家であり、私の住むトロントはそのカナダを象徴するかの様な移民都市でもあります。おおよその人種…

40歳からの起業は夢が一杯?サラバ社畜人生!

2016/04/17

一般企業に勤めていても安泰では無いと言われるこの時代に、個人の価値を今一度社会に問うという選択肢も夢があるかもしれません。 私は様々なタイミングが重なり20代での起業をしましたが、会…

お互いが幸せになるサービスとは

2016/03/19

大人の男性が身につけるべき、海外レストランでのスマートな立ち振る舞い 海外のレストランで、サーバーにひどい対応を受けた事はありませんか?それはもしかしたら、あなたの振る舞いが原因か…

アジアの中心は日本、中国?

2016/02/11

インバウンドビジネスは昔からの得意技、2020年以降の日本はアジアを引っ張る立場に。 インバウンドビジネスに盛り上がる日本ですが、昔から日本は海外からの取り入れを日本化するのがとても得…

Re-Soul

2016/01/08

Resortは行楽地、私の考える休暇とは”Re-Soul”です。 連休が取れたら向かうのは、行楽地ですがそれとも保養地ですか? 先日、日本の古都に訪れた際、ある方がこう仰いました。この場所は本当の…

自分でミスに気付かない、それって本当に自分の仕事を分かってますか?

2015/12/19

経験を重ねるたびにミスが多くなったと感じる事はありませんか?でもそれは、ステップアップの良きサインだと感じるのです。 無知だから出来る事、経験があるから億劫になる事。私は無知でビジ…

ラグビー日本代表に見る、未来の日本ビジネスチームのあり方

2015/11/03

日本国民を釘つけにした、ラグビーワールドカップでの日本代表チームの歴史的快挙。 しかしその姿は、グローバル化を目指す日本ビジネスチームの未来へのヒントがあるのではないでしょうか? …

1879年から続く移動遊園地から、キッカケの始まりを考えてみる

2015/10/08

大切な事を忘れがちになりませんか? 古くは万博、育った街の遊園地、色褪せぬ古き良い物は、ずっと自分の心の中に残り続けます。 センチメンタルに感じる、あの色感や質感。 幼少期に見た記憶…

あなたの人生の幸福度は?

2015/09/06

個人の尊重から始まる、自己責任の重要性。 以前の職場を辞めた事、海外で起業した事。どれも自分自信で決めた事であり、責任ももちろん自分自身で取る事だと思います。   選択はどんな歳…

何も無い時間にこそ、新しい発見がある

2015/08/11

日本の様に恵まれた環境ばかりではない、海外の地。コンビニも無い世界で、自分と向き合う時間が持てました。 忙しい現代社会の中で、自分の時間を持つ事は大変な事です。常に何かを探し、常に…