HOME > 生 活 > グルメ > [男のコーヒー学]ブレンドで自分好みの味を作りだそう!

[男のコーヒー学]ブレンドで自分好みの味を作りだそう!

2017/04/18

有馬 敏浩

コピーライター

有馬 敏浩

男の美学を追求する東京下町在住の育メンライター

コーヒーを“趣味”と呼べる領域へ!

前号では、自宅焙煎の方法をご紹介しました。これに成功したら、ぜひ次は数種類の豆を自分好みに配合するオリジナルブレンド作りに挑戦してください。自分だけの味を作りだす「ブレンド」が楽しめるようになれば、それはもうコーヒーが“趣味”と胸を張れる領域。単なるコーヒー好きを超え、コーヒーが“趣味”と言える格好良いフォーティーズと言えるでしょう。今回は、ストレートの豆では決して味わえない奥行きあるブレンドコーヒーを作るための基本をご紹介します!

特長ある豆を組み合わせて新しい味を作りだす

ブレンドの黄金比は、異なる銘柄の豆を「4対3対2」で配合すると言われていますが、初心者の段階では、「1対1対1」と等配合で調整するのがお奨めです。豆の種類を増やすと豆の個性がぶつかり合ってしまい、味に明確さをだすのが難しくなり、まとまりがなくなってしまいます。まずは苦み・酸味・香りなどで豆を選び、ブレンドによる味の変化や相乗効果を楽しみましょう。豆の特長については、[男のコーヒー学]でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

有名ブランド「豆」知識5選(酸味編)

有名ブランド「豆」知識5選(苦み・コク編)

 

美味しいブレンドを作りだすためには、単に高級な銘柄を使えば良いというものではありません。組み合わせによっては、個性がぶつかりあい、広がりや立体感のない味わいになってしまうこともあります。また、焙煎の度合いも同様で、焙煎度が離れた豆を組み合わせると味のバランスが悪くなってしまいます。味の完成形をイメージし、例えば「香り・酸味」を強調したければ、やや浅めに焙煎を統一するといった工夫が必要です。

ブレンドの方法は大きく2種類

ブレンド方法には、「プレミックス(生豆の段階でブレンドして焙煎する)」と「アフターミックス(それぞれ焙煎した豆を混ぜ合わせる)」の2種類があります。プレミックスはあまり手間がかからないというメリットがありますが、豆の種類によって焙煎の進行具合も異なるため、コーヒーの味を大きく左右する焙煎を細かく調整できるアフターミックスの方が確実に味は良くなります。

 

自分でブレンドしたコーヒーを飲んでみて、まとまりがないと感じた時は、使用した中で最もバランスの良い豆をもう1杯分増やしてみると味にまとまりがプラスされる。味が単調だと感じたら、別の個性ある銘柄を調整役として加えてみる。こうしてイメージする味わいを徐々に作りあげていくのですが、この途中経過が楽しい。さすがにブレンドコーヒーを飲んで、配合を推理できるまでにはなりませんが、ストレートコーヒーを飲めば、「これにアレを足したら好みの味になるかも?」と想像が広がるようになります。

苦みと独特の重厚感を重視したブレンドに挑戦

最後に、試しに作ってみたブレンドをひとつの例としてご紹介します。使用した豆は、香りと苦みを引き出す「グァテマラ」+コクを引き出す「コロンビア」+まとめ役としての「ブラジル」。重厚感のある仕上がりをイメージしたので、少し深めに焙煎しました。ブレンド方法は、簡易なプレミックスを選びました。                                                                                   

 

肝心の味の方はというと、実は想像通り過ぎて面白くないなという印象でた。どうもどこかで味わったことのある味になったのではないかと。ブレンドの王道であるブラジルを使用したのが敗因と思われ、どうせオリジナルブレンドにするのであれば、もう少し尖った味わいになっても良かったのかと反省しています。失敗は成功の元とは良く言ったものです。

 

皆さんもチャレンジする時は、失敗を恐れず、ぜひ唯一無二の個性ある味わいを目指してください!

このキュレーターの他の記事を読む

[男のコーヒー学]自分で淹れたアイスが1番!

2017/06/19

男の夏ドリンク、アイスコーヒーを必ず美味しくする方法 間もなく夏本番。アイスコーヒーが恋しくなる季節の到来です。キンと冷やしたアイスコーヒーをいつでも飲みたい!しかし、ホットコーヒ…

[男のコーヒー学]さらなる深みを知る!自宅焙煎にチャレンジ

2017/02/15

世界で一杯だけがつくれる自己流焙煎 今年も願う、さまざまなコーヒーとの出会い。ということで年初めの一杯は、世界にたった一杯しかないコーヒーにしようと自宅焙煎にチャレンジしました。数…

[男のコーヒー学]史上最悪の干ばつに苦しむブラジルの実情

2016/11/26

アジア最大のスペシャルティコーヒーイベントが開催 9月末、日本スペシャルティコーヒー協会主催のSCAJ(Specialty Coffee Association of Japan)2016が東京ビッグサイトにて開催されました。…

[男のコーヒー学]昭和の純喫茶で歴史ある味わいを楽しむ

2016/09/27

コーヒーの新年度が始まる10月1日は、国際コーヒーの日 コーヒー豆の収穫が終わり、新しい年度が始まる10月1日は『コーヒーの日』として、世界中で様々な催しが行われます。コーヒーの日には、…

[男のコーヒー学]有名ブランド「豆」知識5選(苦み・コク編)

2016/08/19

酸味とは違う風味、コーヒーの“苦み”と“コク”を楽しむ コーヒーの味の特徴として、“苦み”や“コク”が挙げられます。しかし、“苦み”や“コク”は、焙煎方法や淹れ方によって引き出されるもので、コ…

[男のコーヒー学]有名ブランド「豆」知識5選(酸味編)

2016/06/20

今回は酸味の利いたコーヒー豆を厳選して紹介 コーヒー豆の種類の違いがよく判らず、注文するのはいつもブレンドばかり。コーヒー歴は長いのに、好きなコーヒーを聞かれてもカフェチェーンの名…

[男のコーヒー学]コーヒー好きなら道具にこだわるべき!

2016/04/25

コーヒー職人が明かす淹れ方のヒント 東京のとある下町の路地裏。そこに大手カフェチェーンの重役たちがお忍びで通う小さな喫茶店があります。その店が出すコーヒーは、一杯1,500円からという…

[男のコーヒー学]毎日楽しめる、最高の一杯を求めて

2016/02/27

男のブレイクタイムが味わい深いものに。 コーヒー、それはまさに男の潤滑油。目覚めの一杯から始まり、リフレッシュしたい時や癒されたい時など、旨いコーヒーに救われる機会は実に多い。日本…