大型テレビからの卒業!

ボンジョ~ルノ!!インテリア業界の北村です。

 

いきなりですが、「ポリシー」をお持ちですか?もちろん、もってるわぁ!とおっしゃる方がほとんどだと思います。そうなんです、何かしらポリシーをお持ちのはずです。

 

もっと噛み砕いた言い方でいうと『こだわり』です。生活スタイルのこだわり、考え方のこだわり、お金の使い方のこだわり、モノの選び方などなど…。人それぞれだとは思いますが、『こだわり』は、ある人から見れば、面倒くさい生き方かも知れません。また、別の人から見ると、そのこだわりがなんともカッコ良く見える!

 

私の「こだわり」でいうと、

・Yシャツの下には、シャツを着ない

・よほどでないとネクタイは着用しない

・食事代は、後輩、女性には支払わせない

・早起きする

・成型肉は食べない 

・車は、白色か黒色しか買わない 

・腕時計はつけない

 

などなど、賛否はあると思いますが、皆様も色々とお持ちでしょう。他の方々のこだわりには興味があります。

 

今回は、そんな『家づくりにたいしてのこだわり』についてお話致します。

 

みなさんは、家づくりにこだわりがありますか?よく、家は3回建てないと、納得のいく家にはならない!と言われます。できれば、1回でバッチリと仕上げたいですよね。

 

人生で一番大きなお買い物が家だと思います。35年ローンですよ(笑)

 

でも、何度も家を買ったことないので、どうやって家が出来上がっていくのか…マンションのリノベーションもどうやっったらいいのか…ほとんどの方がそうだと思います。こだわるにも、経験が少な過ぎます。当然、素人で当たり前なのです。

 

夢のマイホーム!自分のこだわりに酔いしれたい!カッコよく暮らしたい!そうです!是非、『こだわって』下さい!

 

正直、インテリアは、ご自分とフィーリングの合うインテリアショップの店員さんに任せてしまった方が、上手くいくと思います。私が、長年インテリアショップとレストランを経営してきた経験でお話させていただくと、家づくりの『カッコイイこだわり』は、『大型テレビからの卒業!』です。これに尽きると思います。

 

日本人は、特にテレビへのこだわりが強いように思います。ある時期から、あれよあれよという間に50型、60型、80型、100型…と大きくなりました。もちろん、それがダメだとは申しませんが・・・でもやっぱり、ダメですよ!LDK(リビング・ダイニング・キッチン)が、なぜ一つの空間に集まったと思いますか?それは、コミュニケーションをとるためです!テレビが大きくなると、どうしても、テレビ中心の部屋作りになってしまうと思いませんか?当たり前の様に、SOFAはテレビに向けて配置するようになり、テレビに夢中の間は全くコミュニケーションがとれません!「私の話聞いてるの?」なんて、声が聞こえてくる情景が目に浮かびます。もちろんテレビは大切です。でも、このへんで一度テレビへの考え方を変えてみませんか?テレビは、小さくて良いんです。情報を仕入れる程度の大きさがあれば、BGMぐらいの考え方で良いのではないでしょうか。

 

どうしても、大きなテレビにこだわる方は、プロジェクターの設置をオススメします。(プロジェクターは、昔に比べるとても手頃になりました。それに、映画館みたいで豊かな気持ちになりますよ!)

 

そうすることで、空間づくりが変化します!

 

SOFAの配置をダイニングテーブルやキッチンに向けて見てください。それだけで、料理中、後片付け中の奥様と、食事中のお子様と、コミュニケーションの取り方が激変するはずです。
やはり、人と人の顔が向かい合っていないといけないと思いますので、そうすることによってLDKの一体感が生まれるはずです。

 

これが、私の空間づくりへの最初のこだわりです。海外でのインテリアの展示会では、ほとんどがそうなってますよ。SOFAがテレビに向いてない生活、私はカッコイイと思います!

 

次回はより具体的な空間づくりについて書いていこうと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとう御座います!

北村 大輔

北村 大輔

インテリア業界の革命児 株式会社+CASA(プラスカーサ) 代表取締役

1977年生まれ。借金26億円からの奇跡のV字回復を達成。世界のインテリアに魅了され、日本の住空間を豊かにする為に日々奮闘中!とくにイタリアが大好きで、楽天的な体重100kgの40才。