2017.06.07

ビジネス
人に好かれる気の利いた「モノの言い方」

「感じのいい人」は表情と話し方にメリハリがある

初対面でも「あ、なんかいいな、この人」って思うことがありますね。話している時の表情がいいし、別れた後も言葉が残る。逆に丁寧な言葉ばかりの会話だと、すぐに忘れられてしまうものです。せっかく会った人にはクッキリとあなたの印象を残して、ファンを増やそうじゃないですか。

緊張しすぎず、素直に接した方が好感を持たれる

人に好かれる人、可愛がられる人は正直に自分を出せる人だと思います。相手が大物で格上の人だからといってあまりにも委縮してむやみに謙遜ばかりしていると、つまらない人だと思われてもしかたない。そういう人と話しているとすごく疲れるそうです。距離を縮めようと思ったら、一歩前へ出て懐に飛び込むつもりが大切。いい人だと思われるより、面白いヤツだと思われた方が勝ちです。時にはバカになって、正直に、自然体で接するのがいちばんです。

無難な言葉ばかりじゃ心に響かない

礼儀正しい丁寧な言葉づかいはとても大切です。だからといって、ありきたりのフレーズだけで会話を繋げるのは退屈すぎますね。頷いてばかりや失礼のない言葉ばかりに気をとられていると何も伝わらないし、相手に飽きられます。もっと自分らしい言葉を入れていいと思います。嬉しい時には「こんなに嬉しいことはありません!」「望外の喜びです」「ただただ感謝しています!」と素直に言った方がいいし、褒める時や相槌を打つ時も「さすがです」「本当にすごいですね!」「感服いたしました」「それは良かったですね」「まったく同感です!」「それは面白いですね!」などと感情をストレートに表した方がずっと感じがいい。心から出た飾らない言葉をどんどん使った方がグンと会話が生きてきますよね。

もっと会話を楽しもう

人と話すのが苦手という人はとても多いです。上手く話そうと思いこみすぎているだけですから心配なんて何もいらないと思います。忙しい人でも、自分にとって目上の人でも、一本の電話でも、短いやり取りの中でニヤッとしたり、クスッと笑える会話はいちばん楽しいものです。自分を一瞬笑わせてくれる人はやっぱり好きになる。まずはこのあたりから狙ってみたらいかがでしょう。

 

つづきは、また次回に。

佐野由美子

佐野由美子

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役 / カメリアエンタープライズ 代表取締役

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役、カメリアエンタープライズ 代表取締役レストランプロデューサー、研修講師、ビジネスマナー講師、女子栄養大学 「フードビジネス論」 非常勤講師 明治大学卒業後、OL生活を経て、20代後半からレストラン業に転身。自ら現場でのサービス経験、店長業務を積んだ後、30歳過ぎに独立。本格的なフードプロデュース業をスタート。あくまで現場主義のサポーターとして、多くの飲食店・サービス企業の経営改善に当たっている。「おもてなし」「ホスピタリティ」の大切さを伝えつづけてきて20年。「良い人づき合い」と「一流の接客」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわる。自分自身の20年以上の接客経験が、講演や、現場指導、マナー研修などを通じて多くの共感を得ている。