HOME > 生 活 > 男の技あり厨房道具―うまい料理のヒミツはプロの道具

男の技あり厨房道具―うまい料理のヒミツはプロの道具

2017/08/18

飯田 結太

調理道具専門店「飯田屋」の6代目

飯田 結太

初めて自分専用のフライパンを持ったのは小学生の時。以来、調…

Vol.4. 女性の胃袋をつかむのは極上の“煮込み料理”

ひと昔前、男性の心をつかむなら、おいしい「肉じゃが」を作れ、なんていわれていたことがありました。確かにおふくろの味の代名詞「肉じゃが」がおいしかったら、その人の手料理を毎晩食べたくなります。でも、今は逆です。男性が煮込み料理をうまく作れてこそ、女性の心をつかめるというもの!! 料理上手な男性がモテる時代なんです。

見た目はイマイチ?でも極上の煮込み料理ができる超高級鍋

煮込み料理と聞くと、そんな難しそうな料理は作れない、と思いますよね。調味料の配分や食材を入れる順番など、料理の基本に忠実に作れば、初めてでもなんとなくおいしそうにできるもの。でも、料理の基本をマスターするのが一番難しいんです。特に食材を入れる順番を間違ってしまうと、肉が硬くなってしまったのに、ジャガイモがまだあまり煮えていないということにもなってしまいます。しかも煮込み料理なんて、圧力鍋を使わないと時間がかかって大変です。

 

そういう不安を解消し、しかも一生保証がついている鍋があります。それが「ロイヤルクイーン」。はっきりいって、おしゃれな鍋がたくさん出回っているなかで、この鍋はおしゃれとはいえません。どちらかと言うと、昭和な雰囲気ですが、実力派。

 

価格を言うと、誰もが驚きます。容量2.8リットル、直径約18cmサイズで価格は、5万円! 私も最初は度肝を抜かれました。でも鍋の構造を知って納得。熱伝導がめちゃくちゃいい高級カーボンスチールを中心に、ステンレススチールとアルミニウムで挟んだ5層構造になっています。また、フタに付いた水蒸気が鍋とフタとの隙間に集まって水の膜を作る構造になっているんです。

 

つまり、全体に効率よく熱が回って素材を調理し、素材の水分がフタと鍋本体との間に水の膜を作るので、素材の味を逃がすことなく、素材の奥まで味がしみこんで、みずみずしく仕上がるというわけです。

とても頑丈な5層構造で、ガスコンロはもちろん、IHヒータでも使えて一生保証がついているので、ファンが多くて、30年以上使っている人や3世代に受け継がれていることも。「父親がこの鍋で煮込み料理を作ってくれた」なんてエピソードが生まれたら素敵ですよね。

味がガンガン浸み込む! 絶品「肉じゃが」も簡単

おふくろの味、「肉じゃが」を簡単に作れてしまうのがこの鍋のすごいところ。鍋に、大きめに切ったジャガイモやタマネギ、ニンジンなどを入れて、一番上に肉を入れます。後は醤油、酒、みりんを入れて中火にするだけ。鍋から蒸気が出てきたら弱火にして約10~15分ほどで完成です。もちろん、かたまり肉の煮込みや揚げ物も、ほんの少しの水分、油分でできてしまいます。ぜひ、奥様に「肉じゃが」を振る舞ってみてはいかがでしょう。

このキュレーターの他の記事を読む

男の技あり厨房道具―うまい料理のヒミツはプロの道具

2017/09/09

Vol.5. 25年間切れ続けるブラックなやつ なぜか男は刃物に惹かれます。アーミーナイフなんてカッコいいですよね。料理用の包丁も最近は凝ったものが多くて、料理はしないけれど包丁は集めたい…

男の技あり厨房道具―うまい料理のヒミツはプロの道具

2017/07/20

Vol.3. 飲みタイム最強のもてなし料理は“燻製” 夏といえば、ビールがおいしい季節。家族で楽しむのもよし、男同士で楽しむのもいいですよね。アウトドアでも家飲みも、ビールのお伴に「燻製」…

男の技あり厨房道具―うまい料理のヒミツはプロの道具

2017/06/17

Vol.2. コショウ振りはエンターテインメントだ! 料理の味を決める基本は、ちょうどいい塩梅の「塩コショウ」。そして、男が作る料理には“カッコよさ”も重要です。そのカッコよさを演出してく…

男の技あり厨房道具―うまい料理のヒミツはプロの道具

2017/05/27

Vol.1.女を惚れさせる肉料理にはベーコンプレス! はじめまして。東京・浅草の道具街、合羽橋の調理道具専門店「飯田屋」の6代目、飯田結太と申します。これから毎月、男の料理を格上げする、…