HOME > 美 容 > ファッション > 男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/09/17

宮下 貴行

京ごふく宮下 若ダンナ

宮下 貴行

着物だけでなく、和のことなら何でもよろずご相談引き受けます…

vol.5 普段着も、みんなでまとえば ちょっとお洒落な集団見え。 インスタ投稿も楽しいもんです。

ひと休みしていたお着物のお話にもどりましょ。

 

夏が終わりました。祇園さんや大文字の頃はあんなに暑かった京都も、なんとなく秋の気配を感じるようになってきました。暦の上での立秋(8月7日)は、夏真っ盛りでピンとこないですが、9月23日の秋分の日に向かって、少しずつ秋が近づいてくるのでしょうねぇ。

 

ここからが、いよいよお着物本番のシーズン到来。さわやかないい季節です。
お友達とお着物で食べ歩きやコンサート、女子会、男子会、ワインやお酒の会etc……秋の楽しいイベントや行事にぜひぜひ、カジュアルなお着物を召されてみてはいかがでしょうか?

 

夏前ですが、お着物を着るチャンスが欲しい!せっかく作ったお着物でどこかにお出かけしたい!と「染め紡ぐ浜松」の代表・廣上(ひろがみ)明子さんをはじめ、さまざまな地域の方に参加していただいて、こんな会を催してみました。

「宮下での茶道体験、美味しいランチと(一見さんだけだと絶対入れない)西陣織の織元さんを訪ねる」

これがとっても好評。ちょっぴりたいへんでしたけど、大反響でした。“エンターテインメント祭”も会を重ねるごとに、京都やお着物がもっと好きになるような、もっと楽しくなるような工夫を凝らしてますよ。お着物に興味がなくても、ぜひ参加してみたい方! ぜひご連絡くださいね。 楽しい出会いや食、新しい発見もあるのではないでしょうか。もちろん、おひとりさまも大歓迎 。

instagram miyashita_damonde   Twitter@marumiya1126

「京ごふく宮下」のお店の中に、お抹茶が大好きな家族だもんで、とうとう念願の茶室をしつらえてしまいまして、いろいろなお客さまをお迎えする度に、おもてなしのお茶をさしあげています。

今回も茶道体験が初めての方が大多数でしたが、妻の香代子がお抹茶を点てるなど、わが家のくつろいだ雰囲気の中楽しんで頂けたようで、見知らぬ方同士もどんどん打ち解けていらっしゃいました。美味しいと評判の京の仕出しと、料理上手な父・晃一特製の手料理とビールで乾杯。お食事の後は、全員で①西陣織工房の二軒、蔦屋久兵衛(つたやきゅうべえ)さんと②りんどう屋さんへお邪魔してきました。

文様の複雑さ、技術の高さから袋帯とよばれる格の高い帯に使われる織物というイメージのせいか 「敷居が高いな」と思われていますけど、ふたつの工房では、若き伝統工芸士のおふたり、蔦屋久兵衛5代目の小倉久兵衛さん、りんどう屋主人・佐々木英人さんがわかりやすく丁寧な解説をしてくださいました。クラシックな古典図案から現代のキャラクターのような可愛い図柄の帯まで いろいろ幅広く織れる伝統技術なんですよ、と教えてくださって盛り上がりましたね。

 

蛇足ですが、現在、西陣の伝統工芸士で30代〜40代の若手は、なんと4名のみ。小倉久兵衛さんと佐々木英人さんはそのうちのおふたり!

 

着物を着ることは、ほんとうは決して非日常ではなく、日常のひとコマとしてお着物大好きな人が増えて、「あらあなたも!」なんて、気軽なお出かけに着ていただけるような、そんな日が来ればいいなと思います。

 

お着物を着てお出かけできる楽しい会をどんどん企画して、やっていこうと思っています。

このキュレーターの他の記事を読む

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/11/18

vol.6 やっとバリエーションが登場。悩んでいた帯結びも とってもかんたんになってますよ。 今回は着物の明るい未来を切り開く!? 帯のお話をメインにさせていただきましょ。   年末に向…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/07/15

vol.4 夏がやって来ました、ルールの少ない浴衣でGO! 盛夏の時期がやってきましたもんで(笑)、ちょっとひと休みして今月は浴衣のお話。   まずは、来たる7月半ばの京の風物詩にもなっ…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/05/10

vol.3 ほんまもんを知り、着くずす楽しさを知る 知識はチカラなり! これまで、ジーンズや木綿などカジュアルな着物を自分好みに着崩す、というお話をさせてもらいました。そして、かっこつけ…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/03/21

vol.2 ギャップ萌え~を狙え。 ズバリ、これでしょう!   「自分をブランディングできる」ということが、長所のひとつとして大きいかなと思います。つまり、“いつもと違う自分の演出“を手…

男の着物は度胸と愛嬌!モテを引きよせる幸せ着。

2017/01/28

vol.1 波平さんでいい。着物は普段着、くつろぎ着から。 「難しそう! 値段がよくわからないしコスパが悪そう。 呉服屋さんって敷居が高そう。どこへ着ていけばいいかわからない。」着物に対…