HOME > 社 会 > Walking down a street to Jazz club.

Walking down a street to Jazz club.

2017/09/27

渡部 晋也

舞台写真家、音楽ライター

渡部 晋也

ジャズから中南米やハワイの音楽。さらに日本の伝統音楽まで幅…

ジャズクラブに出かけてみよう

日本は諸外国に比べてもジャズクラブやジャズを聴かせるライブハウスの数が多い国だと思う。東京や大阪などの大都市は言うまでもないが、地方都市にも1軒くらいは生演奏を聴かせる店があるものだ。これがライブをやらない店となると、更に小さな町にもあるから面白い。いわゆるジャズ喫茶だがこれは日本独自のスタイルだろう。こうしたお店では自慢の高価な音響設備によって、大音量で数々の名作を楽しむことができる。

 

それでは実際にジャズクラブに出かけてみることにしよう。特に東京や大阪ではたくさんのお店からどこを選ぶかが悩みどころだが、例えば出演するアーティストや場所、お店の特色などを比べてピッタリ来るところを探してみよう。今回選んだのは大阪、西梅田にあるミスターケリーズ。1990年にオープンした大阪でも古株に入るお店で、かつてシカゴにあった同名店の名前を、正式に受け継いだという由緒のあるジャズクラブだ。ここは関西を拠点に活躍するプレイヤーはもとより、日本を代表するクラスのプレイヤー。更には海外からの来日プレイヤーも出演するなど、幅広いブッキングが特色だ。ミュージックチャージはアーティストによって代わり、ビッグネームともなるとチャージはそれなり張るが、世界クラスのミュージシャンのプレイを非常に近くで体感できるのはきっと貴重な体験になるはずだ。

聴くだけではない“おいしい”お楽しみ

ジャズクラブのもうひとつの楽しみはお酒や料理のラインナップ。稀に数種類のアルコールと簡単なつまみしかないお店もあるけれど、むしろ料理自慢のお店のほうが圧倒的に多い。だからこそ、演奏が始まる少し前に出かけていって、お酒や料理も一緒に楽しんでみたいものだ。ミスターケリーズもビールやワイン、ウイスキーなど各種のお酒と、バラエティに富んだ料理が用意されている。中でもスペシャリティとして人気なのが「ケリーズ特製牛フィレカツサンド」。カリッと焼き上げたパンに挟まれているのは厚切りの牛フィレ肉。味わいのいい赤身肉はとても柔らかく、ボリュームがあるようだがペロリと平らげてしまうはずだ。

いよいよ演奏が始まる。ステージは2回か3回

お店によってまちまちだが、ほとんどのジャズクラブでのライブは2ステージ、もしくは3ステージだ。最初のステージは19時過ぎが大半だが、沖縄や札幌は始まりが遅い店が多いなど地域による特色もある。ステージの間は20~30分のインターバル(休憩)が入る。が、東京のブルーノートをはじめとする大きなジャズクラブや、有名アーティストが出演する場合は入れ替え制になっていることもある。その場合ミュージックチャージはステージごとにかかることになる(店によっては少し割引いくこともある)。ちなみにジャズクラブでかかるのはこのミュージックチャージと飲食代金。ほとんどの店は最低でも1ドリンクは注文することになっているが、中には1ドリンク&1フードとか2ドリンク。もしくは入場時にワンドリンクチケットを購入するようになっていることもある。お店のウエブサイトなどで確認したい。

【この日の出演は、NYで活躍する須田宏美】

この日、ミスターケリーズのステージに登場したのは、NYに拠点を置いているシンガー、須田宏美。バークリー音楽大学でジャズだけでなくブラジル音楽の魅力に取り付かれ、サンバやボサノヴァのほかMPB(ブラジルのポピュラー音楽)をポルトガル語で歌いこなすシンガーだ。同時にオリジナル作品も多数手がけていて、それらの曲でアメリカのオリジナル・ソング・コンテストに入選するなど多彩な才能を発揮している。頻繁に日本とNYを行き来してライブを展開。世界的に注目されつつあるアーティストだ。

軽快なリズムに乗せたブラジリアン・サウンドがあるかと思えば、叙情的なオリジナルソングもあり、その深い歌声はどんどん聴衆を彼女の世界に引き込んでいく。すでに3枚のアルバムをリリースしている彼女。もちろんインターバルや終演後に買うことができて、お願いすればサインもしてくれる。こうしたアーティストの距離の近さもまたライブハウスの楽しみのひとつだろう。企業でもNo残業DAYやプレミアム・フライデーが広がる昨今。たまには机から離れて生のジャズに触れてみるのはいかがだろうか。

Mister Kelly's
ミスターケリーズ

大阪市北区曽根崎新地2-4-1
ホテルマイステイズ堂島1F
TEL: 06-6342-5821
FAX: 06-6342-5822
http://www.misterkellys.co.jp

●営業時間
17:30~23:00
不定休

3rd Album “Nagi” /須田宏美
(インパートメント HRM-15)
http://www.hiromisuda.com/

このキュレーターの他の記事を読む

ニューヨークで、ジャズと暮らすこと

2017/11/26

ジャズの都、ニューヨーク。この音楽を志すものなら一度は憧れる地で活躍するシンガー、ERIKAを紹介したい。 あらゆるエンターテインメントが集まる街、ニューヨーク。ここには一流のアーティ…

100年間に生まれた、様々なスタイルのジャズについて

2017/10/21

一口にジャズと言ってもいろいろなスタイルがある。でもそれがどうにもわかりにくい。 「いろいろあるけど、結局よくわかんないのよ」彼女は手にしたスターバックスのフラペチーノを少し乱暴に…

ジャズに見つける「大人のカッコ良さ」とは?

2017/08/23

クールに、時にホットに。そんなミドル・エイジになるために。 この連載で常々書いているけれど、ジャズというのはカッコ良くなくてはいけない音楽だ。言い換えれば常にカッコイイ音楽として歴…

夏はやっぱりビアガーデン…ではなく、ジャズフェスはいかが?

2017/07/14

音楽を愛する心がにじみ出る、そんな2つのフェスをご紹介 メリハリのある春夏秋冬は世界に誇るべき日本の魅力の一つ。その中でも一番ご陽気な夏は、フェスティバルの季節だ。サラリーマンにと…

これからジャズを聴いてみよう!という人に送る。超入門盤3枚

2017/06/23

広大なジャズの世界も今年で100年。さて、どこから入ろうか? もっともジャンルやスタイルに誕生日があるわけではないので、大概は初録音とか決定的なコンサートがあった年をその始まりとして…

進化するジャズ。その最先端は熱狂するステージにあった。

2017/05/24

かっこいい”踊れるジャズ”でシーンを牽引するTRI4TH(トライフォース) ジャンルを問わず、全ての音楽は常に進化を続けている。もちろんジャズも例外ではない。 かつて新大陸に連れてこられた…

NYで「普通」でいること〜ジャズピアニスト、海野雅威(うんのただたか)

2017/03/29

ピアニストとして数々のレジェンドと共演を重ねるピアニストのライフスタイルとは。 日本人メジャーリーガーではないけれども、ジャズの世界でも本場アメリカで活躍するプレイヤーが増えてきて…