HOME > 社 会 > カルチャー > cinema column chapter 2.大人の胸を熱くする恋愛映画

cinema column chapter 2.大人の胸を熱くする恋愛映画

2017/10/25

牧口 じゅん

映画ライター

牧口 じゅん

通信社、映画祭事務局勤務、映画サイトの立ち上げを経て映画ラ…

「大人の愛と未熟な恋。ギャグの中に見える恋愛の真実!?『斉木楠雄のΨ難』」

「壮大な歴史ロマン」とか、「感動巨編」「ハンカチをお忘れなく」「衝撃のエンディング」とか、さまざまなキャッチフレーズがつけられる映画。でも、そんな謳い文句を信じて映画館に出かけてみたはいいけれど、広げられた大風呂敷が一向にきちんとたたまれることもなく、腑に落ちないまま劇場を後にするなんて経験ありませんか?わざわざ出かけていくのですから、期待したいのは当たり前。ならば、“ただひたすらに笑える”という意味で、絶対に外さない作品はいかがでしょう。『斉木楠雄のΨ難』には、感動も、葛藤も、愛も、教訓も、カタルシスだって当然ない。ひたすら怒涛のギャグにさらされる、笑激エンタテインメントなのです。

主人公の楠雄は、高校生。生まれながらにとんでもない超能力の持ち主。でも、普通の暮らしに憧れ、目立たないように生きています。ところが、彼の周囲には災難ばかりが巻き起こって…という学園もの。しかも、超がつくほど奇妙な人間ばかりが集まってしまうのも、彼の“引き寄せ力”(有難くない……)。そんな不思議ワールドを創り出す、キャストたちの渾身の演技がまた見もの。イケメンたちの爽快なほどのタガの外れっぷりとか、橋本環奈の奇跡の変顔とか、ここでしかお目にかかれそうもない見どころがいっぱい。針の振り切れた俳優陣の演技やとぼけすぎた展開を見ていると、キャストたちが思い切り楽しんでワルノリしている様子も感じられて、こちらまで楽しくなってくるのです。

そんな映画ですから、お伝えしている通り愛も感動もありません。ところが、楠雄の両親のバカップルぶりや、楠雄に感心を抱く美少女・照橋心美さんのひとりよがりな本音を目の当たりにし、笑いの中にある“恋愛の真実”にはっとさせられたのです。

 

楠雄の両親は、お互いが大好き。「くーちゃん(楠雄)可愛い、ママ(パパ)の次に」と言い切るほど“つれ合いファースト”主義。かなりの不思議ちゃんであるママ&パパですが、相手に対して「こうあるべき」とか「こうしなきゃダメ」というモラハラ要素が一切なく、互いをありのまま受け入れています。これぞ大人の愛。楠雄に対しても寛容で、子供の頃から超能力が顕著だったにもかかわらず、決してネガティブに捉えないのです。

一方、自己を満足させようとする独りよがりな思いに溢れているのが、美少女同級生の照橋。彼女は、男子が自分に好意を抱かないはずはないという自論のもと、自分に無関心な楠雄のそっけない態度を「テレ」や「緊張」だと勝手に解釈。相手の本心を受け入れることができずに、つきまとい、キメ顔、キメポーズを繰り出しまくるのです。「身の程知らずの恋をしてもいいのよ」という自意識過剰な女の本音まで、楠雄がテレパシーでキャッチしているとも知らず。恋ともいえない、執着とか意地なのでしょう。

相手をどう受け入れるか、ということは常に恋愛に立ちはだかる課題。大人の愛と、未熟な恋を目の当たりにして、自分はどちらなのか考えてみるのもありなのです。とはいえ、本作の本題は楽しむこと。笑うことは免疫機能を活性化させるとか。きっとアンチエイジングにも最適ということで、ひたすら笑ってすっきり気分で劇場を後にしようではありませんか。

■タイトル:『斉木楠雄のΨ難』(さいきくすおのサイなん)
■公開:全国公開中
■配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース
■著作:© 麻生周一/集英社・2017映画『斉木楠雄のΨ難』製作委員会

ストーリー:
斉木楠雄は、ごく普通の両親から生まれたにも関わらず、テレポート、千里眼、テレパシー、サイコキネシス、瞬間移動など、とんでもない超能力を備えた高校生。目立たず普通に生きていきたいのだが、そのチカラゆえに、人々を、さらには地球を数々の災難から密かに救う毎日を送っている。さらに、クラスメイトはトラブルメーカーばかり。今年も、毎年恒例の文化祭が近づくが、変り者の友人たちのせいで楠雄には次々と災難が降りかかる。しかも能力を使いたときに、なぜか楠雄を気に入ってしまった学園一の美少女がまとわりついてくる。気がつけば、文化祭が地球滅亡の危機を引き起こそうとしていて――。

このキュレーターの他の記事を読む

cinema column chapter 2.大人の胸を熱くする恋愛映画

2017/11/22

「能ある男は、恋でも仕事でも爪を隠す!?『ローガン・ラッキー』」 女性なら誰でも、恋愛ドラマのヒロインを夢見ることがあります。大人になればなるほど、いい加減そんな非現実的なことに惑わ…

cinema column chapter 2.大人の胸を熱くする恋愛映画

2017/09/11

「愛を渇望する女の陰に、大人の男の静かなる愛。『愛を綴る女』」 男女が剥き出しの感情でぶつかり合う。今回は、そんな大人の恋愛映画はもはやお家芸であるフランスから届いた作品『愛を綴る…

cinema column chapter 2 大人の胸を熱くする恋愛映画

2017/08/19

「同じ方向を見て共に歌う、そんな大人の愛を。『ギフト 僕がきみに残せるもの』」 “NO WHITE FLAG”、「あきらめない」。これは、難病ALS(筋委縮性側索硬化症)患者たちの支援を行っている米…

“cinema column chapter 2. 大人の胸を熱くする恋愛映画 “

2017/07/22

「夏休みにぴったりの家族エンターテインメント。 もちろんそこにも、大人の愛が見え隠れ。『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~』」 ロマンティックな大人の恋愛映画をご紹介することを本…

cinema column chapter 2.大人の胸を熱くする恋愛映画

2017/06/20

「大人の恋に必要なのは、ちょっと粋な強引さ。『ボンジュール、アン』」 男性が草食化したと言われて久しいですが、恋愛については奥手で臆病な人が着実に増えているようです(個人調べ)。女…

cinema column chapter 2.大人の胸を熱くする恋愛映画

2017/05/22

ぶつかり合ってこそ、珠玉の恋。『光』 今回から、“大人の恋愛”をテーマに、連載させていただきます。スタートにあたり考えたのが、「大人の恋愛ってなんだろう」ということ。互いの領域を侵さ…

映画から学ぶヒーロー養成講座  ~かっこいい大人の男とは~

2017/03/25

ヴィゴが熱演。子供と部下を育てる厳格な男とは。『はじまりへの旅』 父親の威厳が失墜したと言われて久しい昨今。ですが、ここにいました!父親らしい男性が。『ロード・オブ・ザ・リング』シ…

映画から学ぶヒーロー養成講座  ~かっこいい大人の男とは~

2017/01/22

「妻のすべてを受け止めるヒーローをブラピが熱演 『マリアンヌ』」 ブラッド・ピットといえば、ハリウッドいえ、世界を代表するいい男。昨年は、残念ながらプライベートでのトラブルが話題に…

映画から学ぶヒーロー養成講座  ~かっこいい大人の男とは~

2016/11/24

「誰かの“永遠のヒーロー”であれ 『私の少女時代-OUR TIMES-』」 女性にとって、永遠のヒーローとは初恋の相手なのかもしれません。そんなことを思わせる、素敵な映画が台湾から届きました。…

映画から学ぶヒーロー養成講座  ~かっこいい大人の男とは~ 

2016/09/24

Vol.5「自らの過去にケリをつける男 『ジェイソン・ボーン』」 お馴染み、スパイ映画の金字塔、ジェイソン・ボーンシリーズが返ってきました!記憶を失ったジェイソンが、わけもわからず命を…

映画から学ぶヒーロー養成講座 ~かっこいい大人の男とは~  

2016/07/26

vol.4「仲間に絶対的な信頼を寄せる男 『ニュースの真相』」 「ペンは剣よりも強し」 19世紀に活躍したイギリスの政治家で小説家でもあったブルワー・リットンの戯曲『リシュリュー』に登場す…

映画から学ぶヒーロー養成講座~かっこいい大人の男とは~

2016/05/21

vol.3「良きライバルであれ  『二ツ星の料理人』」 あなたには、良きライバルと呼べる人がいるでしょうか。困った時、苦しい時、あいつだったらどうするだろうと思えて、生きる指針にもなって…

映画から学ぶヒーロー養成講座~かっこいい大人の男とは~

2016/03/20

vol.2「一途に愛する男、一途に演じる男『レヴェナント:蘇えりし者』」 ついに、やっと。   まさに、そんな想いが頭をよぎったレオナルド・ディカプリオのオスカー受賞。映画界最大の祭…

映画から学ぶヒーロー養成講座~かっこいい大人の男とは~

2016/01/28

vol.1 「知性と教養こそが大人の武器 『スティーブ・ジョブズ』」 『007』シリーズのジェームズ・ボンド、『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー……映画には、実に多くのヒ…