お腹の出ている男性

2018.12.21

健康
お酒を飲まない人も要注意!40代から増える非アルコール性脂肪肝とは

体のいたるところに、日々の不摂生の影響が出始める40代。肝臓も例外ではありません。肝臓病はお酒を飲む人がなりやすいというイメージがあるかと思いますが、実は、お酒をあまり飲まない人にも「非アルコール性脂肪肝」という病気のリスクが潜んでいます。

今回は、この非アルコール性肝障害について解説します。

 

お酒を飲まない人も肝臓病のリスクが。非アルコール性脂肪肝とは

レントゲンのイラスト

非アルコール性脂肪肝とは

米肝臓学会ガイドラインによると、非アルコール性脂肪肝炎とは、以下の項目に当てはまる症例を指します。

  • ・脂肪肝である(※1)
    ・お酒を飲む習慣がない、またはあまりない(※2)
    ・脂肪肝につながる他の要因が見受けられない
    ・B型肝炎、C型肝炎ではない

※1 脂肪肝とは?
脂肪肝は、肝臓に過剰に中性脂肪が溜まっている状態を指します。肝臓の中性脂肪の割合は、健康な人では3~4%。この値が30%を超えると脂肪肝と診断されます

 

※2
アルコール脂肪肝の原因になりうる飲酒量は、エタノールの摂取量に換算すると男性が1日30g・女性が20gと決められています。これは、ビールでいうと男性は大瓶1本、女性は中瓶1本。つまりこの量より少ない飲酒量にもかかわらず脂肪肝になっている場合は、非アルコール性脂肪肝が疑われます。

ウイルス性肝炎でもなく、お酒をそんなに飲まないにもかかわらず、肝臓に脂肪が溜まっている……こういった症例が非アルコール性脂肪肝と呼ばれています。

 

非アルコール性脂肪肝を放置するとどうなる?

肝臓のイラスト

非アルコール性脂肪肝は、アルコール性の脂肪肝と同様に、肝硬変や肝がんへと発展することがあります。病気の進行のプロセスとしては、以下です。

  • 肝臓に脂肪が溜まる → 炎症が起きて肝機能が低下する → 脂肪肝炎を発症 → 肝臓の線維化が進み、肝機能が極度に低下する → 肝硬変に発展 → 肝臓の線維化がさらに進み、肝機能が末期的な状態になる → 肝がんを発症

現在、非アルコール性脂肪肝の人は推定1,000万人から2,000万人いるといわれています。また、このなかで非アルコール性脂肪肝炎に発展する人は100万人から200万人と考えられています。

参照:国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 肝炎情報センター

非アルコール性脂肪肝を引き起こす要因は?注意が必要な人とは

3人の男性

非アルコール性脂肪肝の要因としては、以下が挙げられます。

  • ・生活習慣の乱れ
    ・食生活の乱れ
    ・ストレス
    ・運動不足

つまり、非アルコール性脂肪肝の要因は、メタボリックシンドロームや生活習慣病を引き起こす要因と同じなのです。上記の項目に心当たりがある方は、メタボや生活習慣病とともに非アルコール性脂肪肝のリスクも背負っているといえます。

非アルコール性脂肪肝の早期発見のためには。予防策はある?

レーザーを当てられる男性

脂肪肝のこわいところは、自覚症状がほとんどないという点です。肝臓は臓器のなかでも非常に強い性質をしており、一部が破壊されても他の部分がその欠如を補塡して正常に働くことができるのです。
そのため、さらに状態が悪化して肝硬変にまで発展していても、自覚症状が見られないことも少なくありません。

しかし、一見正常に働いているように思えても、肝機能は確実に壊れていっています。あるときを境に、全身のだるさや食欲不振、皮膚や白目の黄疸があらわれるようになり、血小板が減少して血が出やすくなったり、お腹に水が溜まってお腹だけがぽっこりと出てきたりします。ここまで症状が悪化してしまうと、治療や療養をしても健康な肝臓を取り戻すのは難しくなります。

このような状況を防ぐには、まずは脂肪肝の予防に努めることが大切。生活や食事を正す、ストレスを溜めないようにする、適度に運動をするといった、健康な体を保つために基本となる習慣を心がけてください。

なお、「脂肪肝かもしれない」と感じる方は、一度脂肪肝の検査を受けることをおすすめします。脂肪肝かどうかは、腹部の超音波検査で簡単にわかります。自分は大丈夫と過信せず、体をいたわってあげてくださいね。

 

関連記事:「40代からメタボがドンッと増加する!? あなたは該当者・予備軍・非該当者、どれにあたる?

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。