2019.01.25

ビジネス
「わかってる!」って言われたいミドル男性に。職場でのホワイトデーのスマートなお返し方法

この時期になると、「職場でもらったバレンタインのお返し、どうしよう……」と考え始める人が多いのでは?形式的にお返しを済ませるより、せっかくなら「この人わかってる!」と言われたいもの。
そこで今回は、バレンタインに職場の女性からギフトをもらった場合を想定して、スマートなお返し方法やホワイトデーにおすすめの商品をご紹介します。

 

お返しはまとめて?個別? もらったパターン別の返し方

まず悩むのは、お返しをまとめるか個別にするか。

・バレンタインにまとめてもらった場合はまとめて返す
・個別にもらったら個別に返す
・2~3人にまとめてもらった場合は個別のほうが喜ばれる

このような形がおすすめです。

職場の女性みなからという体でバレンタインをもらったのであれば、お返しも全員宛てでいいでしょう。親しい人から個別にもらった場合は、個別に。

一番悩むパターンは、職場やチームの女性全員ではなく、2~3人が連名でくれた場合ではないでしょうか。このパターンでは、個別にお返しをしたほうがスマートです。「〇〇さんと〇〇さんと〇〇さんで分けてね」と注釈を添えながらひとつのプレゼントを渡すのは、少しまどろっこしいかもしれません。

 

ホワイトデーの予算相場は?

結論からいうと、ホワイトデーの予算は「バレンタインにもらったものより少し高いくらい」が世間的な相場です。例えば、1,000円前後のものをもらったのであれば、1,500円~2,000円前後のものを。2000円前後のものなら、2,500円から3,000円前後のものを。もらったものの金額がわからない場合は、インターネットで調べましょう。

また、値段ではなく、ブランドがワンランク上のものを選ぶのもおすすめです。
定番のお菓子を選ぶなら、有名ブランドや話題のスイーツ店の商品がいいでしょう。
女性が好みそうなスイーツブランドや店がわからない方は、とりあえずデパートの地下にあるスイーツコーナーへ。デパ地下に入っているブランドであれば、ほぼ外すことなく喜ばれるものが買えます。

 

ホワイトデーに喜ばれるものは?おすすめ商品

職場の女性みなにまとめて渡す場合

⚫詰め合わせのクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子

image

HENRI CHARPENTIER

職場女性みなにまとめて渡すのであれば、箱入りの個別包装されたお菓子がおすすめです。 特に、賞味期限が比較的長く、万人受けしやすいクッキーやマドレーヌは鉄板。ただし、ありきたりな印象もありますので、クッキーやマドレーヌを選ぶならブランドにはこだわって。

 

⚫ギルトフリーチョコレートの詰め合わせ

ブリスボール:15個セット

FOOD JEWELRY公式オンラインショップ

若い女性が多い職場なら、近年人気のギルトフリーチョコレートの詰め合わせもおすすめ。ギルトフリーチョコレートとは、砂糖を使わずカカオとはちみつなどの自然素材でつくられたチョコレートのこと。ヘルシー志向の女性にも喜ばれます。見た目もおしゃれなものが多いので、「わかってる!」と思われたい方にはぴったりな商品です。
ただし、やはりチョコレートですので溶けるという点には留意を。オフィスに冷蔵庫がない場合は避けたほうが無難かもしれません。

 

個別に渡す場合

⚫マカロン

Macarons

DALLOYAU

個別に渡す場合は、自分ではあまり買わないような高級路線のお菓子がおすすめ。例えばマカロン。マカロンはコンビニやスーパーではなかなか見かけないため、買える場所が限られます。また、自分で買うにはちょっと高いという点もポイント。さらに見た目も可愛いので、女性ウケ抜群。まさにホワイトデー向きなお菓子といえるのではないでしょうか。

 

⚫お湯を注ぐだけで飲めるインスタントドリンク

INIC Petit Gift Ice Aroma Set

INIC MARKET公式オンラインショップ

また、個別でお返しをするのであれば、オフィスでお湯を注ぐだけで飲めるインスタントコーヒーや紅茶・ハーブティーなどのドリンク系も喜ばれます。ホワイトデーのプレゼントなら、の通ったブランドものでパッケージがおしゃれなものを選んで。ただし、相手が「コーヒーは苦手」「カフェインは取らないようにしている」といったこともありますので、そのあたりの事前調査は抜かりなく。

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。