流れに乗り遅れないために。ふるさと納税の仕組み・メリット・利用方法を知っておこう

その名前は既に浸透してきたものの、まだまだ詳細を知らない人も多いであろう「ふるさと納税」。しかし近年、徐々にふるさと納税を利用する人が増えてきています。職場や知り合いに、ふるさと納税をしている人、いませんか?

ふるさと納税にはメリットがたくさんあり、申込みや手続きも簡単です。そこで今回は、ふるさと納税のメリット・具体的なやり方などの基本的な概要をご説明します。

 

ふるさと納税とは?ふるさと納税の概要と仕組み

  • ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、一言でいうと、地方自治体への寄附金制度です。
寄附先は全国どこでもOK。自分が住んでいる地域や生まれた地域はもちろん、例えば「旅行に行って〇〇市のことが好きになったから、〇〇市を応援したい!」「親戚がいるから、〇〇市を応援したい!」など、好きな地域を選べます。また、複数か所への寄付もできます

さらに、寄附金の用途を選ぶことも可能です。例えば、「〇〇市に住んでいる従兄弟の子どもがサッカーをがんばっているから、〇〇市のスポーツ選手の大会派遣を支援したい」といった場合、その旨に沿った寄付ができます。

 

地域貢献だけじゃない!ふるさと納税を行うメリット

ふるさと納税は、地域貢献につながるだけでなく、寄付をすることでさまざまなメリットが受けられます。

  • 返礼品として、地方の特産品や名産品がもらえる

ふるさと納税の目玉のひとつが、寄付の御礼としてもらえる地域の特産品や名産品です。寄付の金額に応じて、地方自治体から返礼品がもらえる仕組みです。

この返礼品には例えばこのようなものがあります

・北海道紋別町:オホーツク産特大毛ガニ1.6kg(寄付金額:30,000円)

・北海道八雲町:いくら醤油漬け100g×6パック(寄付金額:10,000円)

・福岡上毛町:A4ランク九州産黒毛和牛切り落とし1kg(寄付金額:10,000円)

・和歌山県湯浅町:ブランド有田みかん5kg(寄付金額:10,000円)

・徳島県佐那河内村:すだち果汁300ml(寄付金額:3,000円)

このように、その土地に行かなければ食べられない・手に入らないような特産品や名産品が多数あります。

 

  • 税金還付・控除がある

ふるさと納税のもうひとつのメリットは、税金の還付・控除が受けられるということです。
寄附金のうち2,000円を超えた金額(※1)に関して、住民税からの控除・所得税からの還付が行われます。ふるさと納税を上手に活用することで、実質負担額2,000円で地域貢献ができ、返礼品を手にすることができるというわけです。

※1 ふるさと納税による控除上限額は、年収や家族構成・所得控除などによって決定されるため一律ではありません。ふるさと納税控除上限額のシミュレーションは、こちらから行えます。

 

▶▶総務省 ふるさと納税ポータルサイト

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

 

実は全然面倒くさくない!ふるさと納税の具体的なやり方

ふるさと納税の申込みから寄付・返礼品の受け取り・税金控除までの具体的な流れは、以下のようになります。

 

◎ふるさと納税の流れ

  • 寄付したい地方自治体・寄付金額・用途などを決める
  • 寄附先の地方自治体の申込窓口(ネットや電話など)を通じて、申込み手続きをする
  • 寄附先の地方自治体から振り込み納付書などが来るので、寄附金を支払う
  • 寄附金受領証明書や返礼品が届けられる
  • 確定申告を行う
  • 税金の還付・控除が行われる

 

このほか、確定申告の必要ない『ふるさと納税ワンストップ特例』という制度もあります。

以下にあてはまる方は、こちらの制度を利用したほうが便利です。

 

◎ふるさと納税ワンストップ特例の利用条件

・勤務先で年末調整をするため、ふるさと納税以外で確定申告をする必要がない人

・その年に寄付した地方自治体が5つ以内の人

 

ワンストップ特例の手続きは、確定申告の手続きとくらべてかなりラク。上記の条件にあてはまる方はこちらを利用することをおすすめします。

また、「ふるさと納税に参加してみたいけど、確定申告するのが面倒だな……」と思っていた方も、ぜひこちらの制度を利用してみてください。

  • ふるさと納税ワンストップ特例の利用方法

この制度を利用すると、確定申告をしなくてもふるさと納税の寄附金控除が受けられます。

寄付した自治体に、ワンストップ特例制度の申請用紙(寄付金税額控除に係る申告特例申請書)を郵送するだけで、自己負担額2,000円を超える控除上限までの金額が住民税から控除されます。(※2)

 

※2 確定申告では住民税からの控除と所得税からの還付になりますが、ワンストップ特例では住民税からの控除のみとなります。

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。