更年期障害の症状の改善・悪化には夫のふるまいが影響?パートナーのために知っておいてほしいこと

更年期障害は、年齢を重ねることで生じる体の変化のひとつ。

40代後半から更年期障害にかかる女性はとても多く、パートナーやご家族も他人事ではありません。更年期障害はご家族のサポートが不可欠な病気です。ぜひこの機会に、女性の更年期障害についての知識や、パートナーが更年期障害になった場合の対処法を学びましょう。

 

更年期障害の原因は心と体の変化。ライフステージの変化に要注意

更年期障害とは

更年期障害とは、「40~50代(更年期)の女性に表れる多種多様な心身の不調」の総称です。症状の出方や程度は人によってさまざまで、主に情緒不安定やイライラ・のぼせ・めまいといった不調が生じます。重症になると、1日中ベッドから出られなくなったり、うつ病に発展したりすることも。反対に、そういったネガティブな変化はほぼなく、それまでと変わらず元気に更年期を過ごせる人もいます。

更年期障害の原因

更年期障害の最も大きな原因は、閉経(生理がおわること)にともなう女性ホルモン・エストロゲンの減少です。女性ホルモンは、月経や妊娠をはじめとする女性特有の機能と深く関わり、女性の心身を“支配している”といっても過言ではない物質です。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この分泌バランスは体や心に影響します。更年期はエストロゲンの分泌量が急激に減少するため、更年期障害と呼ばれる心身の不調が起こると考えられています。

また、40~50代は、職場で責任あるポストを任される・子どもが学校を卒業して親元を離れるなど、ライフステージの変化が起きやすい時期。このような環境の変化によるストレスによって、更年期障害が発症する、または症状が悪化するといわれています。

更年期障害は、器質的要因・環境要因・心理的要因が複合的に結びつき、心身に影響を与えることで発症する40~50代特有の病気です。

放置すると「うつ病」への発展も

更年期障害の具体的な症状は、人によってさまざまです。その中でも、以下のような症状が代表的です。

体に表れる症状

頭痛・めまい・のぼせ・ほてり・発汗・冷え・息切れ・動悸・吐き気・食欲不振・胃もたれ・便秘・下痢・肩こり・腰痛・関節痛・月経異常・頻尿・尿失禁・疲れやすさ・皮膚のかゆみ

心の症状

イライラ・不安感・焦燥感・物忘れ・憂うつ・判断力の低下・集中力の低下・不眠

症状の程度は人それぞれですが、一日中ふさぎ込んだり体調不良でベッドから起き上がれなかったりするほど重症化する方もいます。

また、そのような状態が続くことでうつ病などの精神疾患に発展してしまうことも。重症化を止めるためには「年齢的なものだから」と軽視せず、積極的に対処することが大切です

更年期障害の4つの療法。パートナーに寄り添い・支える心がまえを

更年期障害の症状緩和には、パートナーの協力と理解が不可欠。近しい女性の身に起こるかもしれない更年期障害への対処法を、ぜひこの機会に知っておきましょう。

病院で受けられる治療について知っておこう

更年期障害の改善治療は、婦人科や女性外来・更年期外来で受けられます。具体的には次のような療法があります。

◎ホルモン補充療法

急激に減少したエストロゲンを薬物療法によって補います。ホルモン補充療法は、更年期障害に対する第一選択の治療。この治療によって、ほてり・のぼせ・発汗といった症状の緩和が期待できます。

◎漢方薬療法

頭痛やイライラ・疲労感がとれない・不眠といった更年期の症状が複合して表れている場合には、漢方薬を用いた療法がとられます。上記のホルモン補充療法との併用療法もあります。

◎向精神薬や抗うつ剤の投与

精神的な症状が重篤なケースでは、向精神薬や抗うつ剤が用いられます

◎カウンセリングや運動療法

薬物を使用せずに改善治療をする場合には、カウンセリングや運動療法が一般的です。つらい気持ちをカウンセラーに話すだけでも症状が軽くなることがあります。また、体を積極的に動かすことで体調が上向きになることも。

更年期障害の治療方法はさまざまで、自分に合った治療を受けることで症状の緩和が期待できます。病院に行く気力すら起きない女性もいるので、そういった場合にはパートナーが病院を調べたり同行したりといった協力が必要となります。

体の変化を理解し、不安やつらい気持ちに寄り添う

女性が更年期障害に陥ったとき、一番大事なのはパートナーからの理解と協力です。パートナーの理解や協力は、更年期障害で苦しむ女性にとって大きな心の拠り所になります。例えば、症状がひどくて家事ができないときの、パートナーからの「無理しなくていいよ」「俺がやるから大丈夫だよ」という言葉がパートナーの気持ちを救う可能性もあるのです。気持ちの余裕が功を奏することも十分ありえます。

夫婦に関係性についてあらためて見つめ直してみる

更年期の機会に、夫婦関係についてもう一度見つめ直してみるのも大切です。40~50代になると、お互いに対する気持ちも、ふたりでの時間の過ごし方も、若い頃のそれとは変わってきているはずです。ふたりで出かける機会がほとんどなくなっていたり、家での会話が減っていたり、セックスレスになっていたりするご夫婦も多いのでは。

更年期に入ったということは、夫婦関係のあらたなステージに入ったということ。パートナーの体調のいいときはふたりで体を動かしに外出してみる・パートナーの気持ちに寄り添って話をしっかり聞いてみる・自分に起きた出来事も積極的に話すようにしてみる・年齢相応なセックスを考えるなど、この先数十年の未来を見据えて夫婦関係を再構築してみてはいかがでしょうか。

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。