将来、仕事に困らない!? 小学生の習い事にプログラミングがおすすめの理由

さまざまな子どもの習い事がある中で、ここ数年注目を浴びているのが「プログラミング」です。
2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることもあり、プログラミング教室の人気は年々高まっています。
そこで今回は、なぜ子どもの習い事にプログラミングがおすすめなのか、プログラミング学習で何を習得できるのか、プログラミング教育を成功させるコツなどについてご紹介します。

 

 

子どもの未来に必要な力がつく!プログラミング学習のメリット

これからの時代に必要不可欠なスキル

これからの時代、どんな職種を選んでも、コンピューターやIT(情報技術)に関する知識が求められる機会が多くなります。「プログラミングを通して、これからの時代に必要なコンピューターやITの基礎知識を学んでもらうこと」が、小学校でプログラミング学習を実施する目的のひとつ。プログラミングを学ぶことで、社会に出てから役立つコンピューターやITの基礎力を養うことができます。

プログラミング学習は論理思考のトレーニングになる

プログラミングを組む作業には、論理的な思考力が必要です。小学生の頃からプログラミングに触れることで、目の前の物事を整理・分析して因果関係を解きほぐし、結論までの道筋を考える力が自然と身についていきます。

プログラミングで課題解決力が身につく

パソコンで作業をしていると、予期しないトラブルでプログラムが突然停止したりフリーズしたりすることがあります。それと同様にプログラミングでもバグはつきもの。思ったとおりに作動しなかったり、原因不明のエラーが起きたりします。このようなときに、原因を探求し解決策を考えることで課題解決力が養われます。

子どもたちが夢中に!プログラミング教室で学べること

初心者は、パソコンの操作やタイピングから

多くのプログラミング教室では、初心者向けのコースが設けられています。初心者コースでは、まずはパソコンの基本的な操作を覚えることから学習がスタート。はじめてパソコンに触る場合でも安心です。

基本の操作に慣れてきたらプログラムの作成・改良を体験

パソコンの操作やタイピングが上手にできるようになってきたら、いよいよ課題として出題されたプログラムの作成にステップアップします。教室によって内容は異なりますが、簡単なアニメーションやゲーム・ウェブサイトなどを制作するケースが多いようです。
その後は、プログラムにさらに改良を加えたりアイデアを盛り込んだり、プログラミングの理解を深めながら、複雑で高度なプログラム作成に少しずつステップアップしていきます。

教室選びはお父さんも一緒に!子どもの興味を伸ばせるカリキュラムを

IT教育の高まりを受け、小学生向けのプログラミング教室が全国で開講されています。
はじめてパソコンに触れる子どもを対象としたスクールもあれば、ある程度プログラミングができる中級者・上級者向けのスクールもあり、子どもの理解度に合わせてスクールやクラスを選ぶことができます。

子どもの興味ややる気を伸ばすには、教室選びが非常に重要です。「どんなカリキュラムを設けているのか・どんなことを学べるのか・受講者の評価はどうなのか」など、スクールを決める前にしっかり下調べをしましょう。子どもの習い事といえば、熱心なのはお母さんのイメージがありますが、プログラミングなどITに関わることはもしかするとお父さんの方が得意かもしれません。

教室選びから一緒に参加して、子どもにぴったりなスクールを選びましょう。
子どもが低学年でまだ小さい場合は、親も一緒に参加できるスクールがおすすめ。
スクールに一緒に参加して、子どもの学びをサポートしましょう。

 


40代男性にとってプログラミングは専門技術というイメージが強いかもしれません。
しかしこれからの時代、プログラミングの基礎は社会に出るうえで必要なスキルになっていくはずです。子どもの習い事でお悩みの方は、選択肢のひとつとしてプログラミング教室を検討してみてはいかがでしょうか。

 

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。