贈る時期は?予算は?改めて知っておきたいお中元マナーとおすすめのお中元ギフト

ふだんお世話になっている方に、感謝の気持ちとして贈るお中元。
しかし、マナーを知らなければ、よかれと思って贈ったにも関わらず失礼になってしまうことも。
そこで今回は、お中元を贈る相手に失礼にならないよう、改めて理解しておきたい“正しいお中元マナー”についてご紹介します。

 

お中元を贈る時期は地域によって異なる

お中元を贈る時期は、7月初旬~7月15日(東日本)・8月初旬~8月15日(西日本)が一般的。くとも処暑(8/23~9/7頃)までに贈るのが礼儀とされています。

一般的なお中元の相場は3,000~5,000円

贈る相手との関係性や年齢によって金額は前後しますが、お中元の一般的な相場は、3,000~5,000円といわれています。お中元とお歳暮の両方を贈る場合は、お中元の価格を少し抑える傾向があります。

こんなときはどうする?改めて知っておきたいお中元マナー

お中元にはおめでたい“のし”「紅白蝶結び」を

一般的にお中元は“のし”をかけるもの。お中元ののし紙は、「紅白蝶結び」を選びましょう。紅白蝶結びは何度も結び直せる結び目のことで、結婚式などをのぞくお祝い事や御礼などに用いられます。
のしの表書き(蝶結びの上に書く文字)には「御中元」、下書き(蝶結びの下に書く文字)には「贈り主の名前」を書きましょう。

喪中の場合も基本的にはお中元を贈ってもOK

お中元はお祝いごとではなく、日頃の感謝を伝えるもの。そのため、喪中でも贈ることができます。ただし、四十九日を過ぎていない場合は、時期をずらして暑中見舞として贈るなどの配慮を。その際は、紅白蝶結びは避けて、白無地の紙や短冊を選ぶのが良いでしょう。

「うっかり贈り忘れた!」 そんなときは表書きを変えて贈ろう

お中元の時期を過ぎてから贈っても、基本的にはマナー違反にあたりません。ただし、表書きが「お中元」のままになっていないか注意しましょう。立秋(8/7~22頃)に入る前であれば「暑中御見舞」、立秋に入ったら「残暑御見舞」にして品物を贈ります。

【贈る相手別】おすすめのお中元ギフト

【両親や親族】思いやりや気遣いが感じられるギフトを

普段会う機会の少ない両親や親族には、思いやりや気遣いが感じられるものを。
ジンジャーシロップやハンバーグなどのグルメがおすすめです。

  • <ジンシャーシロップ>
    外は暑いですが室内にいると冷房にあたって体は意外と冷えるもの。生姜は体内の冷えをとるとともに美容効果もあります。また、炭酸水・お湯・お酒などで割って、いろんな飲み方を楽しめるのも嬉しいポイント。

     

  • <ハンバーグ>
    1つ1つ個包装されているハンバーグギフトは、必要な分だけ調理できるのでとても便利。また、ハンバーグは肉料理のなかでも柔らかく噛み切りやすいので年齢を重ねた方へのグルメギフトにもぴったり。夫婦2人で暮らしている両親には高級感のあるもの、ご家族の多い親戚にはボリュームたっぷりのセットを選ぶと良いでしょう。

【恩師や習い事の先生】自分ではなかなか買わないプレミアムギフトを

恩師や習い事の先生など、目上の方には、普段自分ではなかなか買わないプレミアムなものが良いでしょう。少し高級なフルーツや清涼感のあるお菓子などがおすすめです。

  • <シャインマスカット>
    季節のフルーツはお中元で喜ばれるもののひとつ。なかでも近年注目を集めているのが「シャインマスカット」。種がなく皮ごと食べられる手軽さと上品な甘みが人気の理由です。6月後半~8月半ばに旬を迎えるので、お中元で贈るのに適したフルーツでしょう
  •  
  • <名店の逸品>
    目上の方へのお中元には、老舗や名店と呼ばれるお店の少し高級なお菓子がぴったり。水ようかんなどの涼しげなものなど、季節に合わせたものを選ぶとより喜ばれます。また、甘いものが苦手だったり、控えないといけない方には、老舗のお茶やコーヒーなどが良いでしょう。

【仕事関係の方】個包装のものや小分けできるものを

仕事関係の方には、仕事場で分け合うことを考慮した個包装のものや小分けできるものを選びましょう。
ジュースやお菓子など、手間をかけずに楽しめるものがおすすめです。

  • <ジュース>
    野菜ジュースやフルーツジュースのセットは、万人受けするものとしてお中元の定番です。また、仕事の合間にさっと飲めるジュースは忙しいビジネスマンにもぴったり。味の種類が多く、飲み切りサイズのものが好まれます。
  •  
  • <洋菓子の詰め合わせ>
    個包装でいろいろな種類が楽しめる洋菓子の詰め合わせは、仕事場に贈るお中元にぴったりです。また、比較的日持ちがすることや、常温で置いておけるのもポイントです。

 


 

お世話になっている方に、日頃の感謝の気持ちを込めて贈る『お中元』。
基本的なマナーを改めて理解して、その人に合った季節感のある品物を贈りましょう。

 

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。