年末の大掃除は夫の活躍の場!妻を積極的にサポートして気持ち良く新年を迎えよう

年末の大掃除は家庭にとって一大行事。新たな年を気持ちよく迎えるために、普段気になっているけれどなかなか掃除できないところを一気にきれいにしたいものです。しかし、意気込んでみたものの、本当に面倒な場所までは掃除が行き届かずに新年を迎えてしまう……なんてことも少なくないでしょう。

大掃除は家族で分担したほうが効率的なもの。普段あまり家の掃除をしない男性も、掃除の仕方やコツをつかんで、積極的に大掃除に取り組んでみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、掃除エリア分担のコツと男性が担当したい3つの場所の掃除方法についてご紹介します。

 

男性はどこを大掃除する?ポイントは「妻ができない・やりにくい」ところ

それでは、男性は大掃除の中でどのエリアを担当するのが良いのでしょうか。

ポイントは「奥さんができない・やりにくい」ところを担当するということ。高いところの掃除や力のいる作業などを進んですると喜ばれるでしょう。なかでも「窓」「換気扇」「浴室」は男性が担当する掃除エリアとして適しています。

男性が担当したい掃除エリア① 窓・網戸・サッシ

窓に曇り一つない状態だと部屋全体の印象が明るく感じられるもの。できればきれいに保っておくことが理想的です。しかし、窓が汚れているからといって生活に支障をきたすわけではないので、どうしても後回しになってしまいます。窓や網戸は汚れやすく、なおかつ場所によっては高さもあるので奥さんは掃除しにくいかもしれません。大掃除のタイミングでぜひ率先してきれいにしましょう。

溜まった汚れから片付ける!窓・網戸・サッシの掃除方法

・窓ガラス
まずは、窓ガラスに洗剤を適量かけて柔らかいスポンジでこすっていきます。最初に全ての窓に洗剤をかけると、スポンジでこすり始める前に乾いてしまうので要注意。少しずつかけてはこすり、次の場所にかけてこする、これを繰り返していきましょう。
洗剤とスポンジで汚れを浮かせた後、濡れた雑巾で汚れを拭きとり、最後に乾いた雑巾で拭きあげていきます。いきなり乾いた雑巾で仕上げを行うと、洗剤とスポンジで浮かせた汚れがそのまま窓に残ってしまいます。濡れた雑巾でしっかり汚れを拭き取ってから乾いた雑巾で仕上げることで、窓ガラスは驚くほどクリアな状態になります。

・網戸
網戸の掃除は、網目の隙間の埃を掃除機で吸い取ったあと、雑巾で拭き上げる方法がオススメ。網戸の網目には細かな埃がたくさん詰まっています。そのまま雑巾で拭くと埃が丸まりながらポロポロと下に落ちたり、そのまま網目に挟まったままだったりとなかなかきれいになりません。
また、掃除機をただ網戸に押し当てるだけだと、網戸の向こう側の空気を吸い込むだけで肝心の埃がなかなか吸引できません。そこで活躍するのが「新聞紙」です。空気を逃さなくするために、網戸の外側にガムテープなどで新聞紙を貼り付け、内側から掃除機のノズルを当てるときれいに吸引できます。網戸全体と下に落ちた埃が吸い取れたら、雑巾で拭き上げていきましょう。

・サッシ
サッシは土砂や埃などの汚れが溜まりやすい場所。同時に掃除がしづらい場所でもあるため、きれいにするためにはいくつかコツがあります。まずはサッシ用のブラシを使って大きな砂埃やゴミをかき出し、続いて掃除機で小さな埃を吸い取ります。ゴミが取り除けたら、サッシの間を濡れた雑巾やタオルで拭きます。この時、定規など平たいものや先の細いものに水で濡らして絞った雑巾やタオルを巻きつけると便利です。サッシの隙間に差し込むことができるため、汚れを逃さず隅まできれいに仕上がります。

  • 【窓掃除のポイント】
  • ・窓ガラスの掃除は曇りの日がオススメ。晴れた日はガラスに光が反射してガラスの汚れが確認しにくく、汚れが残ってしまいがちです。
  •  
  • ・窓ガラスは汚れの強い外側から進めていきましょう。外側の汚れを先に落とすことで、内側を拭き取る時に汚れを見つけやすく、効率的に掃除ができます。

男性が担当したい掃除エリア② 換気扇

換気扇は普段あまり掃除をしないので頑固な汚れがこびりついているもの。また、多くの換気扇は高い場所に設置されているため、男性が担当すると良いでしょう。キッチンに立って料理や洗い物をする機会の少ない男性は、奥さんに日頃の感謝の気持ちを抱きながら換気扇の掃除をしましょう。

ゴミ袋を使って簡単浸け置き!油汚れは力で落とさない

換気扇には頑固な油汚れが付着しています。また、フィルターやファンといった部品がついているため、そのままの状態ではうまく汚れを落とすことができません。「外せる部品」と「外せない部品」で分けて掃除していきましょう。

・換気扇フィルターやファン
フィルターやファンなどの部品は取り外して掃除をします。事前に2重にしたゴミ袋にお湯と重曹を入れたものを準備し、外した部品はその中で浸け置きします。お湯の温度も重要なポイント。45~50℃のお湯に浸けると油汚れが浮き上がり落ちやすくなります。10~20分ほど浸け置きしたら取り上げて、スポンジや古い歯ブラシなどでこすり洗いします。

・外せない部分(換気扇本体)
フィルターやファンを浸け置きしている間に、外せない換気扇本体を掃除しましょう。ここでも効果的なのが「重曹」。約40℃のお湯に重曹を溶かして作った重曹水をスプレー容器に入れ、スポンジに吹きつけて汚れている部分を拭きます。換気扇に直接スプレーを吹きつけると液が垂れて下が汚れてしまうので要注意。スポンジでこすり洗いした後、お湯を浸して絞った雑巾で拭き、最後に乾拭きしましょう。

  • 【換気扇掃除のポイント】
  • 換気扇掃除が終わったら、最後に市販の髪の毛用のコンディショナーをスポンジに染み込ませてファンやレンジフードの表面を軽く拭きあげてみましょう。「換気扇にコンディショナー?」と驚く人もいるかもしれませんが、コンディショナーは静電気の発生を抑える効果があります。そのため埃などの汚れがつきにくくなり、きれいな状態を長く保つことができます。

男性が担当したい掃除エリア③ 浴室

浴室はカビが生えやすく、天井のカビ取りが必要な場合もあります。強い洗剤を使用する場合もあるので、男性が担当すると良いでしょう。また、水場である浴室は「ガシガシ洗ってシャワーで洗い流す」といった感じで、他のエリアとは異なり大胆に掃除が可能です。そのため、普段掃除をしない男性にとっても掃除しやすい場所と言えるかもしれません。

お風呂の3大汚れ!いつもの掃除に+α

浴室を大掃除する際は浴槽だけではなく、いつもと違ったさまざまな箇所に目を向けてみましょう。壁や天井、カウンター(洗面台)の上、扉との境目のゴムパッキンなどにも汚れは付着するものです。そんな浴室の汚れとして代表的なのが「ぬめり」「カビ」「水垢」の3つ。ぬめり・カビと水垢では効果的な掃除の方法が異なるため、それぞれに合わせたやり方を覚えておきましょう。

・ぬめり、カビ
ピンク色のぬめり汚れやカビを除去するためには「お風呂用洗剤」が効果的。汚れのある場所にお風呂用洗剤をかけてバスブラシでこすっていきます。それでも落ちない頑固な汚れには、「カビ取り剤」をかけて少し時間を置いてから再びこすりましょう。

・水垢
蛇口などに付着したカルシウム系やマグネシウム系由来の水垢汚れには「弱酸性の洗剤」が効果的です。洗剤を汚れにかけてバスブラシでこすりましょう。また鏡やガラスについた水垢を落とすには、人工ダイヤモンドを使ったスポンジを活用するのがオススメ。洗剤を使わずに水だけで、鏡などを傷つけることもなく掃除することが可能です。最近では100円均一ショップでも売っているので、大掃除を始める前に準備しておくと良いでしょう。

「カビ取り剤」と「弱酸性の洗剤」は混ざると危険です。使用の際は、一方を使用して十分に洗い流した後に、もう一方を使用するように心がけましょう。お風呂用洗剤には危険物が多数含まれています。商品に記載されている用法・用量をしっかり守って使用してください。

  • 【浴室掃除のポイント】
  • ・頑固な汚れは「パック」をして落としましょう。バスブラシやスポンジでこすっても落ちない汚れには、洗剤をつけてからラップで巻いて“パック”し、しばらく放置してから再びこすると効果的です。
  •  
  • ・桶やイスなどの小物類は、浴槽にお湯をため、そこに重曹を溶かして一晩つけ置きすると汚れがきれいに落とせるようになります。重曹の効果で小物だけでなく浴槽自体もきれいになるので一石二鳥。大掃除を終えたその日のバスタイム終了後、残り湯を使って実践すれば、体も浴槽もスッキリきれいになって新年を迎えられるでしょう

 


 

大掃除は、日頃仕事が忙しくて家庭に関わる機会の少ない男性が家事に参加できるとても良いチャンスです。今回解説した「窓」「換気扇」「浴室」の掃除をしっかり完遂できれば、あなたに対する奥さんや子どもたちの視線も変わってくることでしょう。自宅を掃除することは、家族の暮らしを見つめ直す良い機会。汚れを拭き取るその時間は、あなた自身が改めて家族の大切さに気付く貴重なひと時となるでしょう。嫌々引き受けるのではなく、ぜひ前向きに年末の大掃除を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。