離婚がチラつく40代に知ってほしい。離婚の原因とその労力

日本では、3組に1組の夫婦が離婚をしているといわれています。3分の1という高い確率に目を疑いますが、その危機はふとしたことがキッカケで忍び寄ってきます。

特に40代は、離婚しやすい危険な時期のひとつ。
この記事では、40代夫婦が離婚しやすい理由とその原因、また、離婚しないために心がけてほしいことについてご紹介します。

 

40代の「時間の余裕」が生む“離婚の火種”

男性にとって40代は、仕事においてはキャリアがある程度確立され、その後の自分の進むべき道が見えてくる頃。一方女性は、子どもがいる場合、徐々に自立へと向かい、手がかからなくなる頃かもしれません。

両者に共通しているのは、慌ただしく仕事や生活に追われていた日々が落ち着き、お互いに自分の時間ができること。そんな時間の余裕が、以下のような「離婚へとつながる火種」を生む可能性を秘めています。

  • ・会話できる時間が増えたとたん、それまで抱え込んでいた不満が爆発し、口論が絶えなくなる
  • ・一人の時間でこれまでを振り返り、これからの人生を考えた時、今の生活に対して疑問を抱いてしまう

この時点ではまだ深刻ではありませんが、その後の展開によっては離婚につながるほどの問題になりかねません。
すべての40代が当てはまるわけではありませんが、時間の余裕が離婚への火種を生むというポイントは抑えておいた方が良いでしょう。

40代で深刻化?夫婦関係に亀裂をもたらす3つの要因

40代というタイミングで生まれやすい離婚の火種、その背景にはさまざまな要因が隠されています。
ここでは、代表的な3つの要因をご紹介します。

性格の不一致・価値観の変化

離婚の原因としてよく聞かれるのが「性格の不一致」。お互いの違いを愛情でカバーできるうちは良いものの、思いやりの心が欠如すると、相手の言動に対して不快感を抱いたり、自分のことを理解してもらえないと不満を感じたりするようになります。
また、歳を重ねるごとに価値観は変化します。大人として成熟した40代は、価値観が変化しやすいタイミング。お互いの変化を理解し合えないと、夫婦関係に亀裂が生まれ、離婚という選択肢が現実的になります。

家事・育児

働き盛りの30代~40代。忙しく仕事に打ち込む一方、「家事や育児は奥さんに任せきり」「仕事を優先して、子どもとのコミュニケーションがおざなり」など、ワークライフバランスが偏っているという方も多いのではないでしょうか。
家庭に割く時間があまりに少ないと 直接的な言動に表れていなくてもパートナーは不満を募らせています。気付かないところでパートナーが離婚の二文字を思い浮かべ、そのときを待っているということも少なくありません。

浮気・不倫

考え方や価値観のギャップが生まれると、人は寂しさや満たされない思いを別のパートナーで埋めようとします。男性は特に浮気や不倫に走りやすい傾向があります。
SNS・マッチングアプリなどが普及した現代は、以前に比べると別のパートナーを見つけやすい時代。万が一浮気・不倫の事実がバレたら、信頼関係が崩壊するのはもちろん、三行半をつきつけられる可能性が高まります。

良い夫婦関係を維持する2つの掟

40代は離婚の落とし穴が色々な場面に潜んでいます。こうした危険性があることを踏まえたうえで、日常生活でのちょっとした心がけや、考え方を見つめ直すだけで、円満な夫婦の関係を保つことができるのです。

毎日のコミュニケーションを大切にする

お互いが何を考え、日々どんな生活を送っているのかを知るために、まずは会話する時間を増やしましょう。何を話していいかわからないという方は、子どもに関する話から話題を広げるのがおすすめです。他の人には話しづらい夫婦だけの話題も含まれるため、二人の絆を深めやすいといえます。

会話をするときに男性が気をつけるべきなのは、パートナーの話をよく聞くこと。不安や悩みを丁寧に聞くことで、パートナーのストレスを発散させながら、家庭のことも把握できます。自分の話をするときは、仕事の話ばかりにならないように注意。パートナーのストレスになりがちな知らない話や興味がなさそうな話は避けましょう。

会話を深めるコツとしては「何を感じたのか・何が楽しかったか・何が嫌だったか」など、感情にフォーカスすること。お互いの感情を共有することで、心をより強くつなぐことができます。

過度な期待は禁物

もうひとつ、円満な夫婦生活を送るためのポイントは相手への過度な期待を捨てることです。パートナーへの過度な期待は「不満のもと」。万が一期待通りにパートナーが動かなかったとき、期待は不満や怒りといったネガティブな感情に変化します。
「〇〇をやってくれるはずだ」「〇〇すべきだ」といった考えをやめることで、パートナーに対するネガティブな感情を減らすことができます。また、過度な期待を捨てることで、相手が動いてくれたことに対して素直な気持ちで感謝でき、相手への感謝やリスペクトを深めることにもつながります。

離婚が頭から離れない方に。離婚にかかる3つの労力

どうしても頭に離婚がチラついてしまうのであれば、思考を転換して離婚にかかる労力を想像してみましょう。
ここでは、離婚にかかる労力を3つご紹介します。

お金について揉める

離婚すると、これまで夫婦で協力して築き上げてきた財産を、双方の貢献度によって分ける(財産分与)必要があります。財産分与の種類は大きく「清算的財産分与」「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」の3つに分かれます。

  • 清算的財産分与
  • 婚姻期間中に二人が協力して築いた「不動産・金銭・預金債権・有価証券」などの財産の分与。
  •  
  • ・扶養的財産分与
  • 離婚後に生活困窮が心配される側に対して、もう片方から毎月定期金を支払うもの。
  •  
  • ・慰謝料的財産分与
  • どちらか一方に離婚原因の非がある場合、被害者側の精神的苦痛を和らげるために支払われるもの。

これらのすべての費用を決め、クリアにしなければ離婚はできません。
例えば、男性の不倫が離婚の原因だと「住宅に妻や子どもが住み続け、夫は家を出てローンの支払いのみ続ける」「子どもが成人を迎えるまで養育費を支払い続ける」「慰謝料として多額の借金を抱える」など、多大な負債を抱えることに。また、双方が納得できないと裁判にもつれ込んで泥沼化」することも多々あります。

離婚前後の手続きが煩わしい

離婚成立までには、さまざまな書面上の手続きや届出が必要になります。

  • ・提出が必要な書類
  • 離婚届
  • 転居届
  • など 
  •  
  • ・書き換えや変更が必要なもの※住所などが変更になる場合
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • など

また、もし子どもを妻側が親権者として養育していく場合、面会交流の内容や頻度についても取り決めておく必要があります。

周囲への説明が面倒

離婚するかどうかを決断するのは夫婦ですが、離婚することを選んだ場合、先走ってすぐに行動に移すことはおすすめできません。

親・親戚には理解を得られるまで何度も話をする必要があるでしょう。また、子どもがいる場合、通っている幼稚園や学校にも伝えなければいけませんが、どちらが引き取るかなど、状況によって話し方も考える必要があります。多感な子どもの心が傷つかないように、また、両親の関係が途切れても学校で築き上げた友人関係には影響が出ないよう、細心の注意を払う必要があります。

また、優先度は下がりますが、職場や友人への説明も必要に応じて行わなければなりません。

 


 

離婚するためには多くの問題をひとつずつクリアしていく必要があり、離婚後も養育費の負担など、親としての責任を果たさなければなりません。

また、親・親戚・友人・職場など、人間関係への影響が大きいのはもちろん、子どもがいる場合は人格形成に悪影響を及ぼす可能性もあります。二人が抱えている問題が本当に離婚しなければならないほど悪化しているのか、冷静に考えてみましょう。

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。