大人はカジュアルすぎない履きこなしを!40代男性のスニーカーの選び方とトレンドスニーカー

快適な街歩きを楽しむなら、足元はやはりスニーカーに限ります。
さまざまなメーカーから毎年新作が発表されるスニーカーは、デザインも機能性もとても豊富。

しかし、ショーウィンドウを眺めて素敵だと思っても、なぜか自分で履くと似合わないと感じてしまうこともあり、スニーカー選びはなかなか難しいもの。

特に大人になるとスポーティー過ぎると浮いてしまい、自分に合う一足を見つけるのは大変です。
今回は、40代男性がスニーカーを選ぶときのポイントや、おすすめのトレンドスニーカーについてご紹介します。

 

カジュアルなだけではない!40代男性がスニーカーを選ぶときのポイント

まずは40代男性がスニーカーを選ぶうえで押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。選ぶアイテムによってはカジュアルだけではなく、スーツやドレススタイルにも合わせることができ、さまざまなシーンで活躍してくれます。

1.【色】ブラック・ホワイト・グレーの3色が定番。暖色系にはブラウン&モスグリーンを

1つ目のポイントは「色」。最も無難な色のひとつがブラック系。コーディネートを邪魔せず、足元が締まった印象になるので、幅広いファッションに無理なく馴染みます。
また、ホワイトやグレーなどの定番カラーもおすすめ。「高級感のあるレザー・シンプルなシルエット」など、カジュアル過ぎないものを選べば、ビジネスシーンやドレッシーなパーティースタイルにもフィットします。

暖色系のファッションには、ブラウンやモスグリーンが好相性。40代の大人な雰囲気や秋冬の装いとの相性が良く、街歩きの気分を盛り上げてくれます。
上級者のテクニックとしては、全身落ち着いた色味でまとめたすっきりとしたスタイリングに、原色系のスニーカーを合わせたコーディネート。オシャレ上手な印象や遊び心を表現できます。

2.【素材】清涼感のある「キャンパス地」と味わい深く40代にぴったりな「レザー」

素材もスニーカーを選ぶうえで注目したいポイント。主な素材としてはキャンパス地とレザー(革)があげられます。


キャンパス地は耐久性が高く、爽やかな風合いが特徴。特にホワイトのキャンパススニーカーは清涼感があり好印象です。しかし、コーディネート次第では子どもっぽい雰囲気になってしまうので注意が必要。ビジネスシーンよりは、カジュアルな休日の装いにぴったりな素材です。

ビジネスシーンなど、フォーマルな場でも利用したいと考えているのなら、レザーのスニーカーがおすすめ中でも革の裏面に加工を施して毛羽立たせたスエードや、表面を研磨して起毛させたヌバックは40代男性の落ち着いた雰囲気をいっそう際立たせます。革靴と同様に経年変化を楽しめるため、ひとつのものを長く愛用したいという方にもぴったりです。

3.【サイズ】見栄えへの影響だけでなく、体調悪化の原因にも

サイズ選びも重要なポイント。デザインを優先して「少し大きいけど他にサイズがないからこれでいいや」と選んでしまう人もいるでしょう。しかし、サイズの合わない靴を履くことは、靴ずれや、むくみ、腰痛や膝の痛みなどのトラブルにつながってしまうこともあります。

また、サイズの合わない靴を履いていると、曲げ伸ばしの際にできるシワが不自然な場所に定着するため、見る人が見れば「サイズが合っていない靴を履いている」とわかります。履きこなしとしてもおしゃれとは言えません。

靴のサイズはメーカーによってもかなり違うので、購入前はできる限り両足を試着するのがよいでしょう。特に海外メーカーのものはサイズ表記を確認したうえで試着することをおすすめします。

4.【コーディネート】ミスマッチを防ぐスニーカー選び

最後に紹介するポイントは、「コーディネート」。
「お店で一目惚れして即買いしたものの、自宅で履いたらどうも自分にしっくりこない……持っている洋服に合わない……」そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

このようなミスを防ぐには、自分がどんなシーンでスニーカーを履くのかイメージし、そのときに着る服の色やサイズに合わせてスニーカーを選ぶ必要があります。自分のクローゼットを覗けば、自分が好きな色味やスタイルが見えてくるかもしれません。

もし寒色系の服が多いのであれば、スニーカーはネイビーやブラック・ホワイトで揃えるのがおすすめ。また、暖色系が多いのであればブラウンやモスグリーンのスニーカーとの相性がよいでしょう。全身のコーディネートを踏まえてスニーカーを選ぶことで、ワードローブとのミスマッチを防げます。

カットの高さで履き心地と見栄えが変わる!

続いてスニーカー選びにおいて注目して欲しいのが、「カット」の高さ。スニーカーは履き口の高さ(長さ)によって「ローカット」「ミッドカット」「ハイカット」の大きく3タイプに分類されます。タイプによってシルエットが異なるため、見た目の印象も変わり、同時に履き心地も異なるため、自分のコーディネートやライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

スッキリとしたシルエットで合わせやすい「ローカット」


3タイプの中で、もっとも履き口の長さが短いのがローカット。足首が見えるほどのスッキリとしたシルエットで、気負いのないリラックスした雰囲気を演出できます。
中には紐のないスリッポンタイプのローカットスニーカーもあり、脱ぎ履きのしやすさは3タイプの中で1番です。40代男性にとっても、もっとも選びやすいカットだといえるでしょう。

独特な形状でファッション性が高い「ミッドカット」

ローカットとハイカットの丁度中間の高さであるミッドカット足首までホールド感があり、安定した履き心地で長距離の歩行でも疲れにくいという機能性も特徴です。
ローカット・ハイカットを選ぶ方が多い中、ミッドカットを選ぶ人はどちらかというと少数派。ローカットにもハイカットにもない独特な形状でファッション性も高いため、「人とは違ったオシャレが楽しみたい」という40代男性におすすめです。

フィット感が高くスタイリッシュな「ハイカット」

3つ目は、くるぶしを覆うほど履き口が高いハイカット。ミッドカットよりもさらにフィット感があり、見た目にも個性的な印象でスタイリッシュ。
デニムやチノパンをロールアップして合わせるもよし、タイトなパンツをスニーカーにインするもよし。生地の素材によっては、ブーツのような感覚で履きこなすことができます。

注目!40代男性にオススメのトレンドスニーカー

それでは最後に、40代男性におすすめしたいトレンドのスニーカーを3点ご紹介します。

インパクトのあるデザイン性。機能性の高さも魅力的な「ダッドスニーカー」

90年代のスニーカーブームで人気を集めたボテッとしたシルエットや奇抜な配色が特徴のデザイン、その復刻版がダッドスニーカーです。モノトーンのシンプルなスタイルに“外し”としてインパクトのある一足を合わせるのが近年のトレンド。
無骨な男っぽさと遊び心がコーディネートのアクセントとなり、シンプルなスタイリングを個性的に仕上げてくれます。ソールが厚めに設計されているためクッション性が高く、意外に機能性が高いのもポイント。

快適な履き心地とスタイリッシュなデザインが魅力「ニットアッパーのスニーカー」


もうひとつ、最近のトレンドを語るうえで押さえておきたいのがアッパー(表面)の素材にニット生地を使ったスニーカーです。ニットアッパーのスニーカーは軽量かつ快適な履き心地で、デザインもスタイリッシュ
近年トレンドのアスレジャー(アスレチック×レジャー)なスタイルとも相性がよく、スポーツが趣味という40代男性には特におすすめ。スポーツスタイルのまま颯爽と街歩き……デキる男の休日に欠かせないアイテムです。

高級感も演出可能。40代男性におすすめ「レザースニーカー」

最後は、40代男性の大人の雰囲気にマッチするレザースニーカー。レザーのドレスシューズにも負けない上品さがあり、カジュアルな雰囲気や履き心地の良さも兼ね備えています
スポーツブランドとドレスシューズブランドで、デザインの雰囲気が大きく異なるため、利用シーンや自身のスタイルに合わせて選びましょう。休日などのプライベートな時間で履くならスポーツブランド、ビジネスシーンなどフォーマルなシーンでの利用を想定している場合はドレスシューズブランドがおすすめです。

 


 

40代だからといって、常に気張って革靴を履く必要はありません。
「スニーカー」という言葉だけで子どもっぽい印象を抱く人もいるかもしれませんが、一言でスニーカーといってもそのデザインは多種多様。
ポイントを押さえてあなたにピッタリの一足を選んでみてはいかがでしょうか?

40's Life編集部

40's Life編集部

40代のためのエイジングケア機能、無香料に象徴される中味へのこだわりをもった40才からの「スマートエイジング・コスメブランド」としてミドル男性にお洒落と身だしなみを提供しているルシード。そのルシードが40’s LIFE編集部として化粧品の枠を超え「ライフスタイル」「ビジネス」「健康」「身だしなみ」4つのテーマで情報をお届けします。