2016.01.06

ビジネス
Facebook投稿を見せたくない人をリストで一括!簡単に投稿閲覧を制限する方法

友達にはなったものの自分の投稿を見られたくない人に対して、投稿を非公開に。

「仕事の関係者にFacebook上で友達申請されたものの、投稿を見られたくない」「内容的に、プライベートの友達だけに公開したい投稿がある」といったことはありませんか。

 

ソーシャルメディアをどう使うかは個人の自由で、基本的に正解はないものです。しかし、投稿の内容とタイミングによっては、自分の信頼を傷つけてしまうこともあるのです。このあたりは、以前『ソーシャルメディアでの投稿が、あなたの信頼を傷つけているかも』(https://40life.lucido.jp/article-35/)という記事でも触れたとおりです。

 

そこで今回は、Facebookの投稿を見せたくない人を制限リストに入れて一括りにする方法をご紹介します。毎回投稿で排除設定をする手間もなく、簡単に投稿閲覧を制限することができますよ。

 

制限リストをつくる

まず、投稿を見られたくない友達のリストを作成していきます。左サイドの「友達」にオンマウスし、出現した「もっと見る」をクリックします。

友達のリスト一覧のなかに「制限」リストが表示されます。この制限リストに追加された人は、あなたが友達・非友達関係なく全公開にしているコンテンツと、あなたがその人をタグ付けした投稿しか見ることができなくなります。

では、さっそく制限リストをクリックして、該当する人を登録していきましょう。「リストに友達を追加」ボタンを押すか、右サイドの「このリストに友達を追加」から名前を検索し、追加していくだけです。

投稿範囲を指定する

ただし、投稿を全員に公開する設定にしていては、制限はされません。投稿する際は、投稿のプライバシー設定を「友達」に設定しましょう。なお、「友達」にオンマウスするときちんと「制限されている人を除く」と表示されているのがわかります。あとは、いつも通り投稿していけば大丈夫です。

快適かつうまくソーシャルメディアを使おう

このリストのメンバーは制限リストのところで追加、削除が可能です。時々見直しをかけながら使っていくとよいでしょう。公開範囲をうまく管理することで、ソーシャルメディアを快適に使いたいものですね。

柴佳織

柴佳織

ソーシャルメディアコンサルタント

企業のFacebook活用やオウンドメディアの企画・運用支援・解析改善提案などを行う。Facebookマーケティングについては各種Webメディアで記事を執筆するほか、講師も務めている。 著書『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』技術評論社