2016.01.22

ビジネス
できる男のお店選び 「大切な接待の当日にやるべきことは?」

当日の午前から接待は始まっている

今日は大切な「おもてなし」の当日。できるビジネスマンにとっての勝負日ですね。ゲストに対して終始スマートに、温かくもてなし、心ゆくまで満足な時間を味わっていただくためには「当日の朝」の準備で全てが決まります。

先ずはお店に必ずリコンファームを

今夜の接待席の人数や時間に変更はありませんか?段取りで気になる点はありませんか?
予定通り変更がない場合でも、当日の午前のうちに必ずお店に「予約確認」を入れましょう。
実はこの1本の電話がとても大きいのです。

「予約」とはお店とあなたの信頼関係のことです

接待でいちばん大切なのは、お店との絶対的な信頼関係です。ホスト役のあなたと、サービスをするお店側が 揺るぎない安心感と一体感をもってゲストをもてなせるかどうかが鍵。お店のスタッフは、パーフェクトにお客様の味方になりたいと準備を整えてお待ちしています。当日午前の「今日はよろしく」の電話がいちばんありがたいもの。メールではなくあなたの声で1本の電話を入れるのが大人のマナーです。

「わがままは先に伝えましょう」

この時に お土産の手配や、タクシーの指示、お支払い方法などの確認をしておけば完璧です。もしゲスト側に対しての特別な注意点や、イレギュラーな注文、女将や店主の挨拶などのご希望があれば 必ず午前中に伝えておきましょう。無理が適う可能性も大です。

 

これで今日の接待は安心。きっと良質なお食事の時間が約束されます。

佐野由美子

佐野由美子

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役 / カメリアエンタープライズ 代表取締役

中国料理「赤坂璃宮」常務取締役、カメリアエンタープライズ 代表取締役レストランプロデューサー、研修講師、ビジネスマナー講師、女子栄養大学 「フードビジネス論」 非常勤講師 明治大学卒業後、OL生活を経て、20代後半からレストラン業に転身。自ら現場でのサービス経験、店長業務を積んだ後、30歳過ぎに独立。本格的なフードプロデュース業をスタート。あくまで現場主義のサポーターとして、多くの飲食店・サービス企業の経営改善に当たっている。「おもてなし」「ホスピタリティ」の大切さを伝えつづけてきて20年。「良い人づき合い」と「一流の接客」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわる。自分自身の20年以上の接客経験が、講演や、現場指導、マナー研修などを通じて多くの共感を得ている。