HOME > キュレーター一覧 > 中野 裕之

中野 裕之

映画監督・映像作家

中野 裕之

記事数:01件

1988年劇場映画第1作「SF・サムライ・フィクション」公開。 第2回 韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭 グランプリ受賞、第24回 おおさか映画祭 新人監督賞 毎日映画コンクールスポニチ 新人監督賞、第13回 高崎映画祭 若手監督グランプリ、その他、サンダンス映画祭、ハンブルグ、ヘルシンキ、モントリオール、ユタ、ブリュセル、バレンシアンヌ映画祭公式招待作品となった。 2001年劇場映画第2作目「SF・Stereo Future」ストックホルム映画祭 劇場映画第3作目「RedShadow 赤影」公開。 2005年「RE:サイクル」ピース系ショートフィルム制作、愛地球博にて公開 2006年「全速力海岸」短編.JP “ハブアナイスデイ”DVD発売中 デトロイト日本映画祭観客賞、「アイロン」カンヌ映画祭批評家週間部門/ヤング批評家賞を受賞 2007年「八月の虹」唐沢寿明、りょう出演。テレビ史上初めてCMの枠内を使って放送された連続ドラマ 2008年 短編集「男たちの詩」東京都写真美術館で歴代興行成績1位の公開。 2009年 劇場映画第4作目「TAJOMARU」小栗旬主演 松方弘樹 萩原健一 2011年 仙台短編映画祭に「明日」を出品 2012年 中島らものドキュメンタリーとフィクション短編集「らもトリップ」のドキュメンタリーを担当 2013年 FLYING BODIES 青森大学男子新体操 裸にしたい男・綾野剛 HOTEI in LONDON 2014年 FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCk documentary film

1958年広島県福山市生まれ。早稲田大学卒業後、読売テレビに入社。放送業務、広告制作、深夜番組(どんぶり56565)などを経て、1987年タイレル・コ-ポレ-ションを設立。映像的な音楽ビデオを作り続けるかたわら、VIDEOARTの作家としてブラジル、フランスなどで作品を公開。1993年ピースデリックをたちあげ、それ以来、見る人をなんだか気持ち良くするピ-スな映像の研究を重ね続けている。世界中のMTVで放映された音楽クリップにはMTVアワード6部門にノミネートされたdeeeliteの "Groove is in the heart" をはじめ、リタ・ミツコ、ネグレス・ヴェルト、セイント・エチエンヌ、ポール・ウエラーユニット、System7、Photek 他などがあり、日本では今井美樹さん、布袋寅泰さんを長期に渡り撮り続けている。さらにAKB48、SKE48、GLAY、MR.children、テイ・トウワ、DREAMS COME TRUEほか多数のJ-POPのスターを手がける。映画、ミュージッククリップ、CM、自然の映像、ドキュメンタリーなど、その映像の種類は多岐にわたる。

屋久島で撮りためた透明な水をまとめた「水water」や、イルカのビデオ「ピース・ブルー」、小野リサのボサノバ音楽とアマゾンの映像を合わせた「ピースボッサ」地球映画としてハワイタヒチの島々を空撮した作品「美しい惑星」など自然映像の作品を発表。ピース系では、7名のピース活動家やジャーナリストのインタビュー集「Opinions」や2005年度愛地球博にて上映されたショートフィルム「RE:サイクル」、3分11秒の短編集「明日」、2012 RIO+20 The Future We Want 地球サミットへ出品した「JAPAN VOICES」などピース活動を続けている。

このキュレーターの他の記事を読む

さらば固定観念!

2015/12/01

人は様々な固定概念に縛られている。固定観念とはこういうことをやると、こうなるに決まっているという常識や法則を信じるという思想だ。だから、それに縛られないと、自由。   日本人は…