HOME > キュレーター一覧 > 渡部 晋也

渡部 晋也

舞台写真家、音楽ライター

渡部 晋也

記事数:07件

ジャズから中南米やハワイの音楽。さらに日本の伝統音楽まで幅広く興味を持ち、雑誌などに執筆。旅も大好き。

東京生まれの東京育ち。偶然のブラジル暮らしをきっかけにエンジニアから音楽ライター、舞台写真家に転向。音楽史と中心に執筆や写真の発表をおこなっている。守備範囲は中南米の音楽からジャズ、日本の伝統音楽まで幅広く、さらにラジオ番組の制作やイベント企画、出版物のデザイン、はたまたご当地フードのプロデュースまで幅広く手がける。(公社)日本写真家協会。日本舞台写真家協会会員。

このキュレーターの他の記事を読む

100年間に生まれた、様々なスタイルのジャズについて

2017/10/21

一口にジャズと言ってもいろいろなスタイルがある。でもそれがどうにもわかりにくい。 「いろいろあるけど、結局よくわかんないのよ」彼女は手にしたスターバックスのフラペチーノを少し乱暴に…

Walking down a street to Jazz club.

2017/09/27

ジャズクラブに出かけてみよう 日本は諸外国に比べてもジャズクラブやジャズを聴かせるライブハウスの数が多い国だと思う。東京や大阪などの大都市は言うまでもないが、地方都市にも1軒くらい…

ジャズに見つける「大人のカッコ良さ」とは?

2017/08/23

クールに、時にホットに。そんなミドル・エイジになるために。 この連載で常々書いているけれど、ジャズというのはカッコ良くなくてはいけない音楽だ。言い換えれば常にカッコイイ音楽として歴…

夏はやっぱりビアガーデン…ではなく、ジャズフェスはいかが?

2017/07/14

音楽を愛する心がにじみ出る、そんな2つのフェスをご紹介 メリハリのある春夏秋冬は世界に誇るべき日本の魅力の一つ。その中でも一番ご陽気な夏は、フェスティバルの季節だ。サラリーマンにと…

これからジャズを聴いてみよう!という人に送る。超入門盤3枚

2017/06/23

広大なジャズの世界も今年で100年。さて、どこから入ろうか? もっともジャンルやスタイルに誕生日があるわけではないので、大概は初録音とか決定的なコンサートがあった年をその始まりとして…

進化するジャズ。その最先端は熱狂するステージにあった。

2017/05/24

かっこいい”踊れるジャズ”でシーンを牽引するTRI4TH(トライフォース) ジャンルを問わず、全ての音楽は常に進化を続けている。もちろんジャズも例外ではない。 かつて新大陸に連れてこられた…

  • 1/2